20代女性
スポンサーリンク

20代女性の福祉職の転職理由をご存知でしょうか。

転職理由は人によって違いがあるのではと思っていましたが、実は大半の方の転職理由に共通点があることがわかりました。

なぜ20代女性は福祉職から転職したいと思ったのか、早速チェックしてみましょう。

福祉職から転職したいと思った理由

福祉職には、さまざまな職種があります。

介護や保育、障がい者支援、看護など心身ともにサポートするなくてはならない職業です。

やりがいがありスキルアップを目指せるなど多くのメリットがあると思う方も少なくないでしょう。

 

しかし、実際に福祉職に携わっている方の中には、新たな職場で働きたいといった気持ちを持っている方も多いようです。

20代女性の福祉職の転職理由をチェックしてみたところ、人間関係や施設への不満があるということがわかりました。

第1位:人間関係

福祉職の転職理由の第1位に挙げられるのは、人間関係です。

仕事内容や待遇面に不満はないものの、一緒に働く同僚や上司と人間関係がうまくいかず、職場の雰囲気に馴染めなかったという方もいます。

福祉職は、一人で行える仕事ではなく、円滑に業務を進めるためにはチームワークが大切です。

そのため、職場の同僚や上司と関係が悪くコミュニケーションをうまく図ることができないとなると大きな悩みになってしまうこともあるでしょう。

第2位:経営方針や仕事内容

それぞれの職場によって経営者の考え方や仕事のやり方には違いがあります。

同じ福祉職として働いていても職場によっては自分の考えとは合わず、入社後にこんなはずではなかったと悩む方も少なくありません。

 

現在、福祉職は多くの職場で人手不足が問題となっています。

人員が足りないことで、その分やらなければいけない業務が一人ひとりに重くのしかかってしまうのが現状です。

仕事内容に対して見合った給与を貰うことができていないと不満を抱えている方もいます。

給与面はもちろんのこと、休みを取ることもできないなどさまざまな不安があれば経営者への信頼もなくなってしまっても致し方ありません。

第3位:将来への不安

20代女性の福祉職の転職理由第3位は、将来への不安です。

福祉職はほかの職種と比べると需要は高いものの、高額な給与を毎月貰えるところばかりではありません。

20代女性が今後、結婚や出産など自分の人生設計を考えたときに今のままで豊かな人生を送ることができるのだろうかと不安に感じたという方も少なくないようです。

 

働く職場によっては、スキルアップを目指すこともできず、ただ淡々と働いているという方もいます。

結婚や出産を経てもスキルアップやキャリアアップを目指したい女性にとって、働きやすさだけでなく自分を高められる職場であるかというのはとても重要なことでしょう。

第4位:コミュニケーション

福祉職の転職理由の中には、施設に入居しているお年寄りや障がい者へのサポートが難しいと感じただけでなく、コミュニケーションを上手に図ることができなかったという意見もありました。

20代女性とお年寄りの年齢差が50歳以上離れていると、どんなことを話せばよいのかわからず自分に福祉職は向いていないのではないかと思い悩んでしまう方もいます。

お年寄りや障がい者への接し方やコミュニケーションの図り方は経験とともに自然と身に付けられるものです。

多くの入居者と接することで自信を持って接することができるようになるため、短期間で自分には福祉職は向いていないのではないかと諦めてしまうのはもったいないのではと感じます。

理想の職場を探すなら思い切って転職するのも人生を変えるコツ

今回は、20代女性の福祉職の転職理由をご紹介しました。

転職理由第4位までご紹介しましたが、やりがいのある職種である一方で実際に働く人はさまざまな思いを抱えていることがわかりました。

 

しかし、福祉職の職場は全国各地に多数あるため、必ず自分に合った職場を見つけられるはずです。

転職理由を打破できるような理想の職場を見つけられるよう前向きな気持ちで転職を検討し行動してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク