【社会福祉法人職員向け】スキルアップにおすすめの資格・検定26選
スポンサーリンク

あらゆる職場で「働き方改革」が進み、従業員ファーストが進んでいる昨今です。

 

しかし、こうした流れを漫然と受け止め、自身の仕事を非常に限定的に捉えてしまうのも考えものです。

 

特に福祉や介護、保育の現場で活躍されている方々にとっては、利用者サービスの向上や自身の能力アップのためには、日々、自分を磨く努力ということも欠かせません。

 

今回は主に「社会福祉法人」で働く人々が、今後よりいっそうの活躍するための足掛かりやキッカケになりそうな資格・検定を紹介します。

 

新入職員・若手職員向け

主に新入職員や若手職員が基本的な社会常識やマナー、福祉全般に関する基礎知識などを学べる資格・検定です。

初期の研修や教育プログラムに組み込むなどの活用方法もおすすめできます。

 

役員や施設長・管理者向け

ミドルクラス以上の職員におすすめの資格・検定です。

特に昨今は社会福祉法人にも「ガバナンスの強化」が求められていることから、広く高い視点で物事を考え、行動に移すことのできる職員の育成が必須となっています。

 

法人本部などの事務職員向け

人事や労務、会計・経理など、基礎的な事務を学べる資格・検定です。

当然サービスは現場で行われるものですが、福祉や保育サービスはいずれも法令によるルールが決められているため、そのようなルールに沿った書類づくりや管理が必要となります。

 

福祉・介護サービスの現場職員向け

日々の介護業務にプラスアルファの価値を付加できるような資格・検定を紹介しています。

 

保育サービスの現場職員向け

自身の保育技術のレベルがどの程度のものかを計るためにも、うってつけの資格・検定を紹介しています。

 

児童家庭支援に携わる職員向け

仕事で携わる以外でも、自身の円満な家庭構築・子育てにも寄与しそうな資格・検定を紹介しています。

 

過ごしやすい環境づくりのために

高齢者や障害者、児童など、さまざまな人々が過ごしやすい環境を作るためのヒントとなるような資格・検定を紹介しています。

 

 

独占業務である専門資格等、ハードルが高い資格はできるだけ除いています。

 

日々の業務の合間にでも、少しずつ勉強を進め、自身のスキルアップにつなげてはいかかでしょうか?

スポンサーリンク