障害福祉サービス職員におすすめの資格・検定25選
スポンサーリンク

現代では、人々の障害の程度や種別に応じてさまざまなサービスが用意されています。

 

そのことに伴い、サービスの現場に従事する職員にも多様な能力が求められています。

 

職員への教育については、事業者側の責任や役割という面はもちろんありますが、自分自身の努力による能力向上も利用者本位で仕事を行っていく上ではとても重要な姿勢です。

 

今回は、障害福祉サービス事業所に従事する職員の人々にとって、よりよいサービスを提供するための一助となるような資格・検定を紹介します。

居心地の良い環境づくりのために

特に、通所系や施設系のサービスにおいては、職員にとっても利用所にとっても一日のうちの大部分を過ごす場所となります。

どんな人にも優しく落ち着いた雰囲気を醸成するために、知っておいたほうが良いことが盛り込まれた資格・検定です。

就労支援・作業支援のために

就労継続支援A・B、就労移行、就労定着といった就労系サービスにおいては、利用者とのコミュニケーションはもちろん、職場訪問や面接、就職説明会の調整や、作業の受注、取引先の開拓など「営業」的な業務も求められる場面が多くあります。

実務を行う上でのヒントになるような資格・検定を紹介しています。

発達障害支援のために

発達障害者の数は増え続けています。正しい知識や接し方を習得しておくことに損はありません。

 

心理・メンタルヘルス系

現代は、人々の「精神の在り方」に焦点があてられることの多い時代です。

特に過度な不安や心配、緊張などはあまり人生においてプラスに働くことはありません。

知識を習得することを通じて、どのような立場・場面であっても平常心を持ち、冷静でいるためのヒントを得ましょう。

一般的な社会常識やコミュニケーション技術の習得

組織の規模によりますが、基礎的な部分についてなかなか体系的な研修や指導が出来ない職場も多いと思います。

一般常識やマナーといったものは、知識と実践の相乗効果によって向上していくものです。

特に「知識」の面においては、資格・検定の受験を通じて効率的・効果的に学習することができます。

施設・事業所のマネジメント

組織のおける一定の立場になると、さまざまな事柄に目を向け、常に一歩、二歩先のことを考えながら行動しなければなりません。

人やモノ、お金、時間を目標達成のためにどのように活用・管理していくか。

当然、現場に向き合うことが重要なことではありますが、資格や検定で学習できる面も多くあります。

 

障害福祉制度の改正や、事業所の乱立、障害の多様化など、障害福祉サービス事業所を取り巻く環境は刻一刻と変化しています。

 

どのような状況に置かれても自信や余裕を持って、かつ周囲から信頼されながら働くためには、少しずつでも自分を磨いていくことが大切です。

スポンサーリンク