「障害者」を描いた韓国映画を5つ紹介します!
スポンサーリンク

7番房の奇跡


基本情報

知的障害を描く。
・公開:2013年
・監督:イ・ファンギョン
・主演:リョ・スンリョン、パク・シネ、カル・ソウォン
・キャッチ:これはすべての人の心を揺さぶる“塀の中”で起きた奇跡の物語

あらすじ

春には黄色いランドセルで学校へ…娘の入学式を夢見ていた、知的年齢が6歳の父親ヨングと、しっかりものの6歳の娘イェスンに突然の事件が影を落とす。ヨングは殺人の容疑で逮捕、収監。娘はひとり寂しく父を思い、塀の中では父が娘に会いたいと思いを馳せていた。そんなある日、ヨングに命を助けられた7番房の房長と仲間たちが、娘イェスン潜入大作戦を決行!しかし、二人の幸せな時間は長くは続かず…。裁判の最終弁論、ヨングは最後の最後になぜか無実の罪を認めてしまうのだった。数年後、娘イェスンは弁護士となり父の無罪を証明するために奔走する。そして父が本当に守りたかったものが時を越えて明かされる…。(公式サイトより)

みどころ

『王になった男』などのリュ・スンリョンが主人公を演じ、突然仲のいい父娘を襲う悲劇と、その後刑務所内で起きる思いがけない奇跡を描く感涙作。無実の罪を着せられ服役することになった父親と、6歳のまな娘との深い絆が周りの人々の心まで変えていく過程を回想する。本作でデビューした名子役カル・ソウォンが幼少時代の娘を演じ、そのかれんさで涙を誘う。あまりにも厳しい現実をユーモアと優しさと愛情で包み込む物語に感極まる。(シネマトゥデイより)

トガニ 幼き瞳の告発


基本情報

聴覚障害を描く。
・公開:2011年
・監督:ファン・ドンヒョク
・主演:コン・ユ
・キャッチ:この子たちの手を放したら、僕は父親には戻れない。

あらすじ

恩師の紹介で霧の美しい田舎街=ムジン(霧津)の、聴覚障害者学校に赴任することになった美術教師のカン・イノ(コン・ユ)。 ようやく到着した学校は、どこか異様な雰囲気に包まれていた。ニコニコと人当たりはいいが目の奥で人を窺うような不気味な校長、そして教職に就くための不正な金を平然と要求してくる。何より生徒たちのおびえたような表情に違和感を覚えるイノ。 職員室で平然と生徒を袋叩きにする男性教師、稼動している洗濯機の中に女生徒の顔をおしつけるという常軌を逸した暴行を加える女寮長…。ユジンが女生徒から聞き出した新たな事実は、複数の生徒たちが校長をはじめとする教師たちから、日常的に性的虐待を受けているというあまりにおぞましいものだった。怒りに燃えるイノはユジンらと共に、マスコミの力を利用し真実を暴くことを決意。だがその長い戦いがもたらす理不尽さと残酷さを、イノはまだ知らなかった…。(公式サイトより)

みどころ

『マイ・ファーザー』のファン・ドンヒョクが監督と脚本を務め、実話を基にしたコン・ジヨンの小説「トガニ-幼き瞳の告発-」を映画化した衝撃作。聴覚障害を持つ子どもたちに暴行や性的虐待を行い、それを隠ぺいしようとした教育者たちの本性を暴き出す。本作の映画化を熱望した『あなたの初恋探します』などのコン・ユがこれまでのイメージを一新し、悩める教師役で新境地を開拓。国をも動かした、あまりにもむごい真実の物語に戦慄(せんりつ)する。(シネマトゥデイより)

それだけが、僕の世界


基本情報

サヴァン症候群を描く。
・公開:2018年
・監督:チェ・ソンヒョン
・主演:イ・ビョンホン、パク・ジョンミン、ユン・ヨジョン
・キャッチ:『国際市場で逢いましょう』『あの日、兄貴が灯した光』を超える、家族の絆を描いた感動の物語。

あらすじ

かつてWBCウェルター級東洋チャンピオンとして、華々しく脚光を浴びたプロボクサー=ジョハ(イ・ビョンホン)。しかし40歳を過ぎた今は、チラシ配りなどで生活費を稼ぎネットカフェに寝泊まりする日々を送っている。そんなある日、17年振りに母親=インスク(ユン・ヨジョン)と再会を果たすジョハ。過去のある出来事から母親との関係は完全に断絶していたが、老いた母から一緒に暮らそうと頼まれ、明日の暮らしにも困っていたジョハは渋々インスクの家に向かう。そこには生まれて初めて会う弟=ジンテ(パク・ジョンミン)が住んでいた。突然の弟の出現に戸惑いを隠せないジョハ。サヴァン症候群だというジンテは、何を言っても「は~い」と無邪気な返事をするばかりで、ジョハの苛立ちは収まらない。一方、長年母に溺愛されて育ってきたジンテは荒っぽいジョハに恐怖心を抱き、食事中もキャッチャーマスクを装着する始末。ちぐはぐな3人の奇妙な共同生活が始まるが、それでも初めて息子2人が揃ってくれたことにインスクは嬉しくて仕方がない。3人の生活が、それなりにうまく回り始めていたのも、つかの間、運命の歯車は、誰もが予想しない方向へと回り始めていた―。(公式サイトより)

みどころ

ハリウッドでも活躍しているイ・ビョンホンらが出演し、『王の涙 イ・サンの決断』で脚本を担当したチェ・ソンヒョンが監督を務めたドラマ。一人で生きてきた元プロボクサーの兄と、サヴァン症候群を患う弟の再会を描く。『太陽を撃て』などのパク・ジョンミンが弟を、『バッカス・レディ』などのユン・ヨジョンが母親を演じる。(シネマトゥデイより)

私の頭の中の消しゴム


基本情報

記憶障害を描く。
・公開:2004年
・監督:イ・ジェハン
・主演:チョン・ウソン、ソン・イェジン
・キャッチ:死より切ない別れがある。

あらすじ

建設会社社長令嬢のスジン(ソン・イェジン)と建設工事現場で現場監督として働くチョルス(チョン・ウソン)。育った環境の違う二人だが、互いに惹かれ合い結婚する。幸せな日々を送っていた矢先、スジンが若年性アルツハイマー病に侵されていることが判明する。それは徐々に記憶障害が進行し、肉体的な死よりも精神的な死が先に訪れる病気である。日々失われていくスジンの記憶をつなぎ止める術はなく、遂には夫・チョルスのことさえ記憶から消えていく。チョルスは葛藤を覚えながらも、彼女を大きな愛で受け止め、支え尽くす決意をする。(wikipediaより)

みどころ

『四月の雪』でペ・ヨンジュンと共演したソン・イェジンと、『MUSA 武士』のチョン・ウソンによる不朽の愛の名作。韓国映画界におけるラブストーリーの女王と美形カリスマ俳優が、不治の病と闘いながら、きずなを深めていくカップルを熱演する。“若年性アルツハイマー”という重いテーマを扱いつつも、最後まで希望を捨てないエンディングは秀逸。今までの韓国映画とは一線を画す、美男美女による格調高い恋愛ドラマ。(シネマトゥデイより)

ハイヒールの男


基本情報

性同一性障害を描く。
・公開:2014年
・監督:チャン・ジン
・主演:チャ・スンウォン
・キャッチ:その男、最強の刑事。―その男には、秘密が、ある。

あらすじ

犯罪組織からも恐れられる脅威の戦闘能力と暴力性、そして完璧な肉体と容姿を兼ね備えた刑事ユン・ジウク(チャ・スンウォン)。
しかしそんな彼にも人に言えない秘密が一つだけあった。それは<女性になりたい>という願望を持っていること。長年そのことで葛藤を続けてきたジウクだったが、ある出来事をきっかけにして遂に、自分の心の声に従う決意をする。だがその時、容赦無い暴力と悪意が、その運命をあざ笑うかのようにジウクの身に迫っていた・・・。(amazon作品情報より)

みどころ

最初に派手なアクションシーンがありつつ、主人公が時折みせる女性らしい仕草がとても魅力的。本来の自分を隠さずに女性として振る舞う姿。しかし段々と女性の体に近付いていくにつれて、周りが主人公の男らしさについて語ったり、主人公の行動に勘違いしたりしていくことに切なさを感じる。男性であっても尊敬の意味で惚れるカッコよさを持つ一方で、主人公が誰よりも男らしくいる理由を知った時、より理不尽さを感じる。自分の望むものを手にするために進もうとしている主人公が、最後どうなっていくのか…。

 

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク