20代男性
スポンサーリンク

福祉職と聞いてどんな仕事を思い浮かべますか。

お年寄りや子ども、障がい者へのサポートをイメージする方も多いかもしれません。

福祉職は多くの職種で資格を必要としますが、中には経験や実績を問わず未経験からスタートできるものもあります。

資格はないものの未経験からチャレンジして働きながら専門的な知識を身に付ける方も多く、現在20代男性で福祉職を目指す方も少なくありません。

体力のある20代男性には介護がおすすめ

福祉職の一つに介護があります。

現在、人員不足が問題となっており、年々需要は高まっています。

求人をチェックしてみても好待遇で働ける介護現場も数多くあるため、給与アップを求めて転職したいと思っている20代男性にもおすすめといえます。

 

介護は、お年寄りの身体を支えることも多く、体力を要します。

そのため、体力に自信のある若い男性の力を借りることは必須です。

安定した力でお年寄りを支えることができ、明るくハツラツとしたコミュニケーションを図れる20代男性は、高齢者を安心させることができるでしょう。

 

また、介護は年数とともにキャリアアップを目指せるのも魅力です。

介護職を未経験でスタートしたとしても初任者研修を修了すれば知識を深めることにつながり、介護福祉士や認定介護福祉士へとスキ

ルアップすることができます。

介護の仕事を3年間経験すると介護福祉士の受験資格を得ることが可能となっており、国家資格を活かしながら仕事に携わることができるのも嬉しい点です。

保育士として子どもたちの成長を見守る

保育士と聞くと女性の職業といったイメージを持つ方も少なくないでしょう。

しかし、近年では男性保育士も増えています。

20代男性が保育士として働くメリットは数多くあります。

たとえば、女性にはない男性ならではの強みを持っているという点が挙げられます。

力仕事はもちろんのこと、時には車の運転を担当するなど男性が得意とする業務が数多くあります。

 

また、男性は機械にも強いため、パソコンや電気機器のトラブルが発生した際にもスムーズに問題を解決することができるでしょう。

そして明るく心強いサポートができる男性保育士は、園児はもちろん保護者からも厚い信頼を得ています。

現在、男性保育士は大変貴重な存在となっており、今後もますます需要が高まる傾向にあります。

男性ソーシャルワーカーは日常生活で不安を抱えている方の救世主

日常生活や社会の中で不安や心配を抱えている方をサポートし、強い味方になっているのがソーシャルワーカーです。

相談者本人だけでなく、その相談者の家族や友人、職場の人間にもサポートを働きかけていくため、専門的な知識を身に付けなければいけません。

ソーシャルワーカーは、精神保健福祉士や社会福祉士ともいわれています。

医師や看護師のように直接相談者に関わるわけではありませんが、適切なアドバイスを行うなど孤独感を抱えて生きている方が多い現代でなくてはならない職種だといえます。

 

現在、ソーシャルワーカーは、医療現場や老人ホームのほかにも障がい者施設などで働いており、活躍の場はさまざまです。

子どもから高齢者まで年齢や性別を問わずサポートしています。

働く職場によって求められる知識には違いがありますが、年数とともにキャリアアップを目指すこともできます。

やりがいがあるのはもちろんのこと、給与面でも高収入を期待できるのもソーシャルワーカーの魅力です。

ソーシャルワーカーは社会福祉士の国家資格を要するため、それなりのスキルが必要です。

しかし、仕事内容に見合った給与を得ることができ、やりがいも同時に感じることができるなど福祉職の中でも自信を持っておすすめできる職種といえるでしょう。

スポンサーリンク