30代男性
スポンサーリンク

福祉職に携わる30代男性が転職するとしたら、どんな転職先があるでしょうか。

毎日同じような作業の繰り返しだから、別の企業で頑張りたいと考える人もいるでしょう。

また自身のステップアップのために、転職先を探す30男性もいます。

ここでは、福祉職に携わる30代男性が転職するとしたらどんな転職先がよいのか見ていきます。

コミュニケーション力を活かす『営業職』

営業職はお客様と話をし契約に結び付けることや契約したあとのフォローをする仕事などを行っています。

どの業界でも営業の仕事があり、営業スタッフを募集している企業は多いです。

現在福祉職をしているということで、コミュニケーション力が他人より高いことが考えられます。

営業職は日々たくさんのお客さんと話をします。

電話やメール対応、また直接会って話をすることもありコミュニケーション力が求められるのです。

福祉の仕事でもいろいろな人と話すをする機会があり、コミュニケーションについて常に考えさせられます。

そのノウハウを活かして、営業職に転職する人は多いです。

 

また、営業職に携わっている30代男性は多く、転職がしやすいというメリットもあります。

福祉職とはまったく異なる業界に携わるチャンスもあり、自身の幅を広げたいと考える人にもピッタリです。

自動車業界や保険業界をはじめ、そのほかにもさまざまな業界が営業スタッフを募集しています。

 

まったく別の業界に飛び込むのも良し、福祉職の経験を活かして営業をするのも良しです。

たとえば医療関係、福祉関係、介護関係などはこれまでの経験や知識を活かして仕事ができます。

まずは同じ業界もしくは似た業界からはじめるというのもおすすめです。

転職先の幅が広い『ドライバー』

ドライバーに転職されている方も多いです。

福祉といっても仕事内容はさまざまですが、中には施設の利用者を車で送迎していた人もいるでしょう。

車の運転が上手な人も多いことから、ドライバーに転職しやすいです。

タクシードライバー、バスの運転手、トラックの運転手などドライバーの仕事は幅が広いです。

 

利用者を車に乗せる、また車から下ろす際に力を使います。

時には車椅子を持ち上げたり、利用者を抱えたりすることがあり体力が必要です。

福祉職に携わっていたことから体力が付いていて、ドライバーとしても活躍しやすいという面があります。

トラックの運転手は荷物を運ぶため体力が必要です。

運転の技術だけではなく体力も必要とされる仕事ですが、福祉の仕事で培ったことを糧に活躍できるため転職先として注目されています。

人手不足で需要の多い『販売やサービス業界』

スーパーなどの日用品が売られているお店のスタッフ、メンズファッションなどアパレル業界と、販売やサービス業界に転職する方も多いです。

どの仕事も人と接する機会が多く、コミュニケーションが好きという方に向いています。

福祉の仕事をしていて、年配者をはじめとしてたくさんの人と話をしてきた人も多いでしょう。

そのため販売やサービス業界に転職し、たくさんの人と話をすることになっても戸惑わないというメリットがあります。

お店や企業によってはターゲットが若者で、年配者と話をする機会が減るかもしれません。

 

しかし、これまでのコミュニケーション力を活かして、どの世代がターゲットになっても環境に慣れやすい傾向があります。

販売やサービス業界は人手不足で、新卒だけではなく中途採用募集が多いです。

転職しやすいことから、まずは始めてみようという気軽な気持ちで転職できる点もメリットでしょう。

これまで培ってきた福祉の知識を活かした、販売やサービス業の仕事もあります。

コミュニケーション力、そしてこれまでの経験を活かした仕事ができるという点でも注目されています。

スポンサーリンク