高卒未経験
スポンサーリンク

以前から福祉に興味を持っていました。

しかし、なんの知識もなかった私は高校卒業後、工場員として働いていました。

人間関係にも恵まれ仕事にも面白さを感じていましたが、バイトとして勤務しており安定したお給料やボーナスは貰えません。

 

このまま長く工場員として勤めていても生活を安定させることはできないと思い、20代のうちに転職することに決めました。

転職するなら絶対に福祉職にチャレンジしたいと思っていたので、福祉や介護に強い転職サイトに登録することから始めました。

転職サイトに登録するメリット

現在、数多くの転職サイトがありますが、実際に登録して感じたのはメリットしかないということです。

自分の希望に合わせて求人を効率よく検索することができるだけでなく、キャリアアドバイザーにどんなことでも気軽に相談できるのも嬉しい点です。

求人を検索すると一度にたくさんの情報をチェックすることができるので、時間を無駄にすることもありません。

 

また、福祉の資格がない私でも気軽に応募できる求人も多く、安心して転職活動ができました。

もちろん、これまで携わったことがない職種にチャレンジすることは不安や心配もありました。

 

しかし、未経験から福祉職にチャレンジする方も多いと知り、始める前から諦めてしまうのはもったいないのではと思うようになったのです。

思い切って転職活動を行ったことは正解でした。

憧れの福祉職に就くことができ、サポートを必要とする方たちからありがとうと感謝の気持ちを伝えてもらうたび、自分は人の役に立つことができているんだと思えます。

また、念願だった正社員にもなれ、安定したお給料を毎月いただくこともできています。

福祉職といっても職種はさまざま

福祉職には、介護や保育、看護などさまざまな職種があります。

資格が必要な職種もありますが、働きながら知識や技術を身に付けることができるものもあるため、安心してスタートすることができ未経験者でも心配ありません。

 

私は、福祉業に転職しようと決意したとき、まずいろいろな情報を集めることを心がけました。

自分に今できる仕事は何なのか、どのような知識や技術が必要なのかなど、インターネットから情報を集め、転職サイトのアドバイザーに相談しました。

たくさんの情報を集めることも大切ですが、実際に現場で働いている先輩方に話を聞くことも転職活動を成功させる秘訣だと思います。

福祉職は、やりがいを感じることやさまざまな知識を身に付けることができるなどメリットもありますが、もちろん大変なこともあります。

メリットだけでなくデメリットにも耳や目を向けたことで、しっかりと福祉職に向き合いながら転職することができました。

転職を成功させるなら自己PRが大切

希望する福祉職の転職を成功させるには、採用担当者に好印象を与えることが大切だと思います。

私も自分の気持ちをしっかりと採用担当者に伝えることができるよう自己PRに力を入れました。

福祉業は、強い意志を持った人材を求めています。

 

私自身も福祉職で役に立てるよう志を持って転職活動を行いましたが、その気持ちが採用担当者に伝わらなければ意味がありません。

好印象を与えられるように自己PRで気を付けたのは、まず自分の強みをアピールすることです。

なぜ福祉職を目指そうと思ったのか、どんな経験を得て転職しようと思ったのかを素直な気持ちで伝えました。

嘘偽りなく素直な言葉で自分の意志や気持ちを採用担当者に伝えたところ、ぜひ一緒に働きたいと嬉しいお言葉をいただくことができました。

 

現在、福祉職に転職してから数ヶ月が経過しましたが、天職だと感じています。

やりがいはもちろん、キャリアアップも目指せるので、長く続けていきたい仕事だと思っています。

スポンサーリンク