30代女性
スポンサーリンク

女性が仕事を長く続けたいと思ったときに多くの方が家事や子育ての両立に悩んでしまうかもしれません。

仕事でキャリアアップしたいけど出産や子育てを考えると自分の理想通りに働くことを諦めてしまっているという方も少なくないようです。

 

現在、福祉職に携わる30代女性も多くいますが、将来を考えたときにこのままでよいのだろうかと悩み、転職を検討している方も多くいます。

しかし、近年では出産や子育てをしながら福祉職でキャリアアップを目指す30代女性を応援する職場が増えています。

働きやすいのはもちろんのこと、安定した給与を貰えるなどさまざまなメリットがあるでしょう。

 

福祉職の資格を取得している方の中には、その資格や知識を活かして今よりもキャリアアップを目指せる職場に転職することができたという30代女性もいます。

福祉職には、介護や保育などさまざまな職種がありますが、もし30代女性が転職を希望するなら給与面だけでなく、家事や子育てと両立ができることやキャリアアップを目指せる職業であるかをしっかりと見極めることが大切です。

サポートが必要な子どもと家族を支える児童指導員

児童指導員は、発達障害を抱える子どもやその保護者をサポートする職種です。

一人ひとりの個性に合わせたサポートを行い、社会生活で自立できるよう支えていきます。

 

児童指導員は、保育士資格や児童障がい者施設の勤務経験が必要です。

温かな気持ちでじっくりと子どもに寄り添うことができる30代女性は、児童指導員として活躍できる素質があります。

大人の発達障害で悩む方を支える就労支援スタッフ

就労支援スタッフは、大人の発達支援で悩む方をサポートします。

働くスタイルはさまざまあり、正社員はもちろんパートとしても活躍することができます。

自閉症や学習障害、ADHDなどの発達障害を抱える大人をサポートしなければいけないため専門的な知識が必要ですが、悩む人を支え社会へと送り出すというやりがいを感じることができるでしょう。

 

それぞれの相談者の個性を理解し必要なスキルを身に付けるお手伝いをするのも大切な役目です。

就労支援スタッフは、実績や経験を通してスキルアップやキャリアアップを目指せます。

長く働けるのも嬉しい点ですが、人に感謝されながらキャリアアップできるのも魅力といえるでしょう。

保育士はまさに女性の天職

子どもが大好きという方にとって保育士は自信を持っておすすめできる福祉職の一つです。

現在、保育士の人材不足も懸念されているため、求人数も多く、さらに安定した給与を用意している職場も多く見られます。

 

また、働き方もさまざまあり、自分の希望に合わせて働きやすいのも保育士のメリットです。

朝や夕方の短時間だけ働きたいという方や午前中だけの勤務を希望しているという30代女性も保育士なら、その希望が叶う可能性があります。

 

家事や子育てとの両立も目指せるので、仕事だけでなくプライベートも大切にしたいという女性にもおすすめの転職先といえます。

介護士としてお年寄りをサポート

現在、介護士は30代女性が最も多いといわれています。

さまざまな経験を通して人生経験を積んだ30代女性は、お年寄りの気持ちに温かく寄り添うことができ適切なサポートを行えます。

 

介護職は、介護士として活躍できるだけでなく、勤務年数とともにさまざまな受験資格を得ることも可能です。

年齢を重ねてもキャリアアップを目指したい30代女性にとって介護士は、やりがいを感じながら働けること間違いありません。

また、老人ホームだけでなくサービス付き高齢者住宅、ショートステイなどさまざまな職場で活躍し、多くの知識を身に付けることができるのも介護士の魅力といえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク