イケメン?美女?介護職でもやっぱり容姿の良さは重要なのか?
スポンサーリンク

サービス業全般では、やはり生まれ持った容姿の良さが有利に働く場面が多くあることでしょう。

また、サービス業に限らなくても、企業の面接や昇任選考においても、容姿が関係するような情報もあります。


ツイート主は『容姿加算』をテーマにブログも執筆しており、当該加算には相当な批判的な意見があったようです。

試しにTwitter検索で「容姿加算」で検索したところ圧倒的に批判意見が多かったです。

地道に介護職員が努力して日々の仕事をしているところを、変な発言をしてイメージをぶち壊そうとするいわゆるインフルエンサーが一定数いるのが嘆かわしい。


自虐的な意見もありつつ、当然、真面目な見解も。


確かに、介護報酬上の加算に組み込むことについては、大きな反発がありそうですが、自費利用の一環としてなら制度的には有り得るのかも知れません。

昨今、議論になっている「介護サービスの質の向上」の中で、「指名制」といった話も聞いたことがありますが、そうした制度においては多少は「容姿」が関係してくるのかも知れません。

ただし、それはもちろん「良し悪し」という訳ではなく、人それぞれの好みや印象といったところが大きいのだと思いますが。

スポンサーリンク