【判決全文リンクあり】本日、植松被告への判決。横浜地裁にて。
スポンサーリンク

相模原市の知的障害者入所施設「津久井やまゆり園」で、元職員の植松聖被告(30)が入所者19人を刺殺し、職員を含む26人に重軽傷を負わせた相模原事件の裁判員裁判。横浜地方裁判所の3月16日の判決は、植松被告が「大麻又はこれに関係する何らかの精神障害が犯行に影響を与えたとは考えられない」として完全に責任能力があったと認定。そのうえで「犯情は誠に重く、犯行態様の悪質性も甚だしい」とし、「死刑を持って臨む他ない」と断じた。

報道陣に公開された判決文は、以下の通り(読みやすさのため一部の句読点や改行等を改め、語句を補った。また、要点を太字とした)。(以下のリンクにて。)

様々な人たちからの様々な声を紹介します。

スポンサーリンク