京都府警が始めた「介護警官」に複雑な想いを抱く人が多数。
スポンサーリンク

日本の超高齢化社会の進行に伴い、留置施設に収容される容疑者の高齢化も問題となっています。

留置施設に収容される容疑者が高齢化しているのに合わせ、京都府警が、介護技能に優れた警察官の育成を始めた。介護福祉士の資格を有する職員を「アドバイザー」に任命し、入浴介助やおむつ交換の仕方などの実技を指導。府警は「留置担当者には専門的な介護技術が必要な時代。高齢容疑者の適正な処遇につなげたい」としている。

府警が昨年逮捕し、留置施設に収容した65歳以上の高齢容疑者は270人だった。全体に占める割合は12%で、10年前から5・5ポイント増えた。歩行や入浴、おむつ交換などの介助が必要な容疑者も多いが、留置施設を担当する職員の大半は介護経験がなく、「おむつ交換に時間が掛かり、大人数で苦労しながら入浴介助をしている」(府警留置管理課)という。

こうした現状を受け、府警も対策に乗り出した。2月には、介護福祉士の資格を持ち、東山署で留置管理を担当する男性巡査部長(38)を「介護アドバイザー」に任命。巡査部長は介護老人保健施設で8年間の勤務経験があり、介護に不慣れな職員らを対象に年数回、実技指導してもらうことにした。

このニュースに対して、複雑な想いを抱く人々から多数の意見があります。
刑務所の中の作業として介護をさせて、出所したら留置所の介護の仕事につけるとかにすればよいのでは。
こんな事、警察官にさせないといけないの?弁護士に弁護と併せて介護もさせればいいのに。普段、人権を訴えてる方々だからこそ、こういう時にこそ、模範を示さないといけないんじゃないですか?
随分と手厚いのですね。もちろん砕いた食べ物ですよね。老人ホームや施設はお金が掛かるので、わざと罪を犯すご老人が出ないことを願います。子供には世話になれないと思っている方が少なからず居ますので。
若い受刑者が高齢受刑者を面倒見れば良い。警官はそんな事をするほど暇なのか?
そんな人間いらんくねー。警察官は、本来の仕事があるはず。
一部、受刑者や刑務所と混同しているような意見もありますが、この件に対しては概ね厳しい声が多数を占めています。
確かに、記事の内容だけみても「警察官がここまでするの・・・?」という疑問も湧いてしまいます。
どこまで個々の容疑者の事情や背景に配慮するのか。
警察官の労働の諸費用は当然、税金から出るものであることから、人権とのバランスは本当に難しいですね。
スポンサーリンク