50代男性
スポンサーリンク

実はベテランの50代福祉職は引く手あまたの状況にあります。

現在の日本は少子高齢化が深刻度を増しており、高齢者福祉をはじめ、子育て支援のための児童福祉や母子支援など福祉へのニーズが増しています。

障がい者のノーマライゼーションの尊重をはじめ、近年注目度が高まっている発達障害などの問題、近年増大している薬物犯罪により精神に異常を来した方の更生支援など福祉の専門職に対するニーズが高まり、活躍の場も広がってきました。

50代男性の福祉職となれば、キャリアも蓄積され、多彩な事例に対応してきた経験に基づくノウハウがあることから転職にも有利に働きます。

福祉職は小児から高齢者まで幅広い年代と関わり、その家族などとも接する仕事です。

寄せられる信頼度は経験値をはじめ、見た目にも左右されるものです。

年齢を重ねた50代男性は見た目も信頼感が持て、相談者や利用者からも信頼が得やすいことから、若い福祉職だけでは対応が難しい場面でも重宝するとして即戦力採用が期待できます。

社会福祉協議会や児童相談所など公的機関

児童福祉施設や高齢者介護施設、精神科病院など現場でのキャリアを重ねてきた50代男性の転職先として、社会福祉協議会や児童相談所など公的機関のいわゆるお役所仕事が一つの候補として挙げられます。

現場の最前線の仕事や現場での後進の指導やフォローから、管理職的な仕事や全体をまとめる仕事、相談役的な仕事に就きたいなら、社会福祉協議会などの管理職などがおすすめです。

年齢を重ね、体力的にも無理が生じてきたような場合には、現場に振り回される環境ではなく、9時17時勤務、土日は休みといったスタイルの職は理想ではないでしょうか。

一方で、自分のキャリアを活かして、さらに活躍したいなら、今、多くの問題を抱えている児童相談所で活躍する道もあります。

自治体の中には福祉の専門職ではなく、一般公務員が通常の配置転換の一環として業務をこなしているケースもあり、きめ細やかなサポートができていないケースも少なくありません。

昨今の児童虐待問題などに伴い、専門のノウハウを持つ福祉職を募集している自治体もあります。

キャリアを活かして社会問題に取り組みたい方には、おすすめの転職先です。

福祉施設や介護施設の施設長

これまで現場での対応を積み重ねてきた方やリーダーから主任、課長などと管理職へのステップアップを重ねてきた方も、さらに施設の長となる道を目指すにも適した年代です。

既存の福祉施設や介護施設をはじめ、新たに開設される 福祉施設や介護施設で施設長を募集しているケースもあるので、これまでの経験をフル活用し、業務全体を見渡しながら、マネジメントの仕事にチャレンジしてみたい方は積極的に応募してみましょう。

福祉タクシーのドライバー

高齢化が進む中、福祉タクシーのニーズも増え、提供する事業者も増えてきました。

施設勤務で毎日徹底的に働く業務から、少し余裕を持って働きたいといった場合には福祉タクシーのドライバーに転向する道もあります。

経験を活かしながらも、依頼に合わせて車を出す仕事なので、オーバーワークが生じにくいのも魅力です。

一般的な定年の年齢を超えても働ける仕事なので、第二の人生の選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

福祉の仕事はもちろん、車の運転も好きという方にはおすすめです。

福祉コンサルタントなどの専門職

少子高齢化をはじめ、障がい者福祉や母子福祉、児童虐待の問題など幅広い福祉分野に社会の注目が集まる中、さまざまな企業が業種の枠を超えて福祉事業に取り組むことや店舗や宿泊施設、事業所などのバリアフリー化に取り組み始めました。

こうした状況では福祉に詳しい人の存在が求められており、福祉コーディネーターをはじめとするコンサルタント職へのニーズが高まっています。

コンサルタント会社や福祉関連メーカーなどのアドバイザー職など、これまでの経験と専門性を活かせる職への転職もおすすめです。

スポンサーリンク