ツイッターで「患者がうるさい!」と投稿した看護師の末路。
スポンサーリンク

鹿児島市立病院は27日、同院の女性看護師(23)がツイッターで「患者がうるさい」などと不適切な投稿を繰り返したとして、停職6カ月の懲戒処分にした。依願退職を申し出ており、病院も受け入れたという。

病院によると、看護師は2019年1月~20年1月、自身のツイッターに「暴れてうるさい」「泣いてうるさい」など入院患者や職場への不満などの書き込みを勤務中などに繰り返した。病院側の聞き取りに投稿を認め、「不満に共感してほしかった」と話しているという。アカウントは既に削除されている。

新穂昌和事務局次長は「服務規律の徹底を図り信頼回復に取り組みたい」とコメントした。

確かに許される行為ではないものの、尋常ではないストレスがかかる職場でもあり、一定の理解を示す声も。

スポンサーリンク