復職・復学の期限延長できず…江東区の対応に保護者の悲鳴が相次ぐ。
スポンサーリンク

多くの自治体では、4月入園の場合、子どもを預ける親は4月中に復職・復学できない場合は退園となる。

しかし、新型コロナウイルス感染のリスクを予防する観点等から、来年度に限り、5月の末日まで復職・復学の延期を認める、というものだ。

一方で、東京23区で唯一、“通常通り“を決めた江東区の対応が物議を醸している。

署名サイト「Change.org」には、江東区長宛ての署名活動が行われ、発起人は「新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、内閣府から各自治体へ育休延長が認める通知が出されました。しかし、東京23区内では【江東区のみ】が育休を一時的に延長した場合に【在園資格を取り消される】という状況となっています」と訴えた。

一方、区は30日、公式ホームページ上で「新型コロナウイルスに関連して、現在育児休業中で、4月入園が内定している方より、内定枠を確保したまま、感染リスクがなくなるまでの復職時期の延長をご要望される意見をいただいております」と前置きして、見解を表明した。

ただ、納得のいかない区民からは、ネット上に厳しい声が続出。

「江東区だけこんな扱いをされて、悔しくて悔しくてたまりません」「辞退するか本気で迷ってる」「これが感染拡大を避けるための賢明な判断と言えるのか」「この危機的状況で、自衛できない小さい子を保育園に預けるなんて。。」「江東区の対応は、他の全ての区が認めていることを見てもわかる通り、意味不明」「本当に不安で仕方ないよ。何でこんなことに…」

江東区は保育園入園の激戦区として知られる。署名は30日現在340人を超える数が集まっている。

ネット上でも様々なの声があがっています。
待機児童問題とごっちゃにするからややこしくなるけど、1番の目的はコロナの感染拡大防止なんだから、外出せざるを得ない人数を減らせるという意味では必要な対応なのでは。
4月に入園する子供が何人かわからないけど1000人くらい?とその保護者が外出自粛することができて、保育園もその分手が空く。
0歳3人休めば保育士1人減らせる。
その分、在園児へのケアもできるし、園内の密集度も減る。
今はもう平時ではないのだから、待機児童問題よりも感染リスク減らすためにやれることやっていかないと。
保育園に入りたての乳児は免疫がなく、マスクや手洗いをできるわけもなく、あらゆるウイルスを次から次へと貰ってきます。
また1歳未満児は重症化率が比較的高いとの説も。
これだけ感染者が増えている中、感染リスクの高い乳児の入園を遅らせる選択肢を与えるというのは真っ当な判断では。
最も手の掛かる乳児の保育人数が減れば保育士の負担も減らせますし。
それだけのことだから殆どの区が異例の措置に踏み切ったのに、江東区だけは頑なに方針変更なし。
あとは豊島区が、会社からの要請によってのみ育休延長が認められるという現実味のない対応をしています。
感染を減らすこと、子供を守ることを第一に考えると、枠争いしている場合ではないのでは。
コロナ対応で業務量が増え、休校で出勤できない保育士さんもいてパンク寸前、育休中延長できるならして保育士の負担を減らすべき。
待機いる以上枠に空きを作るべきじゃない。延長するなら譲るべき。
両方言われるんだけどどうすりゃいいのでしょう。
少なくとも江東区では前者は問題化しない程度に余裕をもって園を運営できてるということなら良いのですが。
難しいですね。
保育園の空きの問題から、保育士の負担、そして当然この問題の背景にあるコロナウイルス感染症。
何とか対話を通じて良い着地点を見出してもらいたいものです。
スポンサーリンク