休職中の看護師に復職求める方針。日本看護協会 。
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染拡大が続くと今後、看護師の人手不足が懸念されるとして日本看護協会は、現在、離職中の看護師などに対し、復職を求めていく方針を示しました。

これは、3日、日本看護協会の福井トシ子会長が記者会見を開いて公表しました。

それによりますと、新型コロナウイルスに感染して重症化した患者を集中治療室などで治療する場合、一般病床と比べて看護師などの人員が最大で4倍、必要になるということで、中には、必要な人員を確保するため外来や入院受け入れの数を絞るなどしている医療機関もあるということです。

このため協会は、今後、感染の拡大が続くとさらに多くの看護師が必要になるとみられるとして現在、離職している看護師などおよそ5万6000人に対して、復職を求めていく方針を示しました。

また、会見では福井会長が医療従事者に対する偏見があると指摘し、子どもが保育所で預かりを拒否されたケースや帰宅時にタクシーから乗車を拒否されたケースなどがあったことが紹介されました。

協会では、医療従事者は帰宅の際には改めて感染症対策を徹底しているとして、一般の人たちに理解を求めていくということです。

福井会長は「看護師などの医療従事者は、日夜最善を尽くして地域医療を支えています。医療機関で働く人たちに偏見を持たずにエールを送ってもらえればうれしいです」と話していました。

うーん。。。
偏見のケースについては、わざわざこの「復職を求める」会見の中で言わなくても良い気がしますが。。。

まさに「火中の栗を拾う」。

スポンサーリンク