【新型コロナ】看護師に「危険手当を」 日本看護協会。
スポンサーリンク

日本看護協会(東京都渋谷区)は新型コロナウイルスをめぐり、看護職への危険手当の支給などについての要望書を2020年4月15日に提出した。

■危険顧みず従事する看護職へ手当を

提出先は加藤勝信厚生労働相と西村康稔経済再生担当相。

要望書の中で、医療従事者は院内感染への不安や恐怖を感じながら職務にあたっているとした。中でも24時間患者に関わっている看護職は感染リスクが大きいことや、「感染するから保育を拒否される」「感染するからタクシーから乗車拒否される」といった誹謗中傷を受けていることに触れ、危険を顧みず業務に従事している看護職へ危険手当などを支給するよう求めた。

支給対象は、新型コロナウイルスに感染もしくは疑いのある患者に対応した看護職とその補助を行った看護職で、方法として「危険手当を大幅に増額し、対象看護職個人に支給すること」としている。期間は「国内で初めて新型コロナウイルス感染が流認された日から、新型コロナウイルスの蔓延がほぼ終息したとして別に定める日」までという。

また看護職が帰宅せずホテルなどに宿泊した場合、1泊につき1万5000円を上限とした宿泊費の補助も求めた。そのほか15日は妊娠中の看護職員の休業により代替職員を雇用した場合の医療機関への補助金支給を経済再生担当相に要請している。

こうした動きが活発になることによって、少しでも現場の方々が報われれば。

この意見賛成です。見ず知らずの他人の命を、自分の命をかけて助けようとしている。使命感と責任感で命かけて助けようとしている看護師さんの給料は、思っているよりはるかに安い

こういうことにキッチリと使ってくれるなら税金を投入するのは大歓迎です。でも本来なら議員自らが報酬の半分を返納して、その分をこういった財源に充てるぐらいはしないといけないと思う。

スーパーの店員さんに手当てが出るというような話もありましたが、いま、感染のリスクもかえりみず最前線で動いてくれている医療従事者の方々に対する報酬は必要なのではないでしょうか。国民1人あたり10万円給付などの話も出てきましたが、募金などを募れば、余裕のある方は医療従事者を支援したいという方々も出てくるのではないでしょうか。

看護師だけではなく、医師、検査技師、臨床工学技士その他、よく考えると多くの職種の方も危険な目にあっています。また第1線で働いている方々を支えている方もいます。ある病棟を感染病棟にした場合、他の病棟へしわ寄せがきます。第1線の方だけに支払うのは違うと思います。また、コロナと確定した患者ではなく、検査をしたらコロナだったという方が非常に気を使っていると思います。広く医療従事者への手当が必要と思います

SNSで要望書の内容見ました。決して大袈裟な要望でなく、感染リスクの高い環境のなかで働いてくれている看護師さんたちの心労への細やかな心配りが見てとれました。たとえ要望が通らなかったとしても、看護協会の姿勢に対する現場の看護師さんの気持ちは幾分か違うでしょうし、こうした記事やSNSで拡散され、看護師さんへの皆の気遣いの向上になればと思います。
スポンサーリンク