治験
スポンサーリンク

近年、会社員やOLの副業、主婦や学生のアルバイトとして治験が注目され始めてきました。

短い時間で特に何もしなくても高い報酬がもらえるとあって仕事のリピート率も高いようです。

仕事内容

治験とは、私たちが日常生活で安全に薬を使用するために、動物実験を経た安全性が高いと予測された新薬候補の薬を人に投与することです。

臨床試験とも呼ばれていて、この過程を得ないと公的機関に認められず、市場には出回りません。

この臨床試験をお手伝いする仕事になります。

 

法律の基準を満たした病院で行い、日帰りから1、2泊の短期入院や1~2週間の長期入院の場合もあります。

その間に採決や薬の投与、脈拍などの各種データを測ります。

途中で体調がすぐれなくなっても検査を中止することもできるので心配はいりません。

様々なデータを測られる事以外は何もする必要がないので、読書やイヤホンをつけてのテレビ視聴などといった自宅での生活とあまり変わらない生活を送れます。

 

治験の種類は、新薬の他にサプリメントや健康食品の場合もあります。

この場合は郵送で送られてきて自宅でお試しする事もあります。

期間も1週間や1ヶ月など長期間に渡る場合がほとんどです。

始め方

治験に参加するには、大抵はインターネットから申し込む場合がほとんどです。

全国各地で頻繁に行われているものではないので、事前情報が大事になってきます。

JCVNやニューイング、生活向上WEB、SVOモニターなどの全国の治験情報が閲覧できるサイトを検索し、条件に合ったものが見つかれば応募します。

 

また製薬会社などのサイトからも募集をかけている場合もあります。

治験に応募する際は、指定された基準を満たしているかを確認する必要があります。

例えば、持病や通院歴などです。

その後、説明会を経て、医師による問診を受けます。

これに合格すれば初めて治験に参加できます。

おすすめの人

治験が始まれば病院から外には出れません。

だからずっと病院で過ごしていてもストレスを感じない人が向いています。

病室では軽くパーテンションで区切っていますが、隣に人は居ます。

集団生活が苦手な人は難しいでしょう。

 

さらにずっと病院に居なけらばならず自宅へは基本的に帰れないので、時間的余裕がある人が望ましいです。

長い休みがとれる人や学生が向いています。

まとめ

治験は誰でも条件さえ満たしていれば参加できる副業です。

報酬は高めに設定されていて好条件な仕事ですが、病院に連泊しなければならない、かなり低いけれど副作用のリスクはあるなど、飲まなければならない条件もあります。

それらの事を総合的に考えて検討してみてください。

スポンサーリンク