試食販売
スポンサーリンク

近年、主婦やOL、学生などに人気なのが、試食販売の仕事です。

副業やアルバイトとして長期休暇や週末などの空いた時間に気軽にシフトが組めるので働きやすいようです。

仕事内容

試食販売の仕事は、主にスーパーや百貨店などの商業施設へと出向いていき、商品のPRや販促活動を行う事です。

実際に現場で扱う商品は飲食物である場合が多く、例えば新発売されるジュースを試飲してもらう場合は紙コップに注いで客に飲んでもらいます。

また加工済みの魚介類の煮つけなどを試食してもらう場合は、そのままお皿に盛りつけます。

なるべく見栄え良く盛り付けつける事がポイントです。

 

さらに客に試食してもらう商品は、現場で自分の手で調理する必要があるものがあります。

この場合事前にレシピが渡されるので、当日までに練習するか頭に入れておく事が大切です。

 

また売り上げ目標が設定してある場合が多いようです。

この場合、必ずしも目標を達成する必要はありませんが、試食の目的は商品を多くの人に知ってもらう事なので、多くの客に試食してもらう必要はあります。

だから代わりに試食目標数が設定されている事はあります。

おすすめの人

試食販売は初対面の人に自分から声掛けして客に試食してもらう仕事です。

そのために社交性が高い人、接客スキルがある人が向いています。

また買い物客は店頭の商品に夢中です。

小さい声では客にこちらの存在に気づいてもらえない可能性があるので、大きな声が出せる人が良いでしょう。

 

さらに声掛けして試食してもらうだけではだめです。

他のアレンジレシピを教えたり、商品のセールスポイントを挙げてみたりなど、さらに客に商品の良さを売り込む必要があります。

このような事が行える人が売り上げも伸びて重用してもらえるでしょう。

どれくらい稼げるの

試食販売の仕事は時給制ではなく、日給制による場合がほとんどです。

1日働いた相場は9千円から1万3千円ほどで、他の仕事よりも報酬は高めに設定されています。

人が多く集まりやすい土日に仕事が集中しやすいので、学生やOLの副業に向いています。

日給制なので、1日のノルマ分がさばけた場合、その場で解散帰宅できるケースもあります。

よく売れる場所や商品の場合に限りますが、1~3時間で仕事が終わるケースもあります。

その場合、時給に換算すると3千円~1万3千円ほど儲ける事ができます。

まとめ

週末や長期休みに仕事が入れられるので、主婦やOL、学生に向いている副業、アルバイトです。

また報酬が高く設定されていて、早く終われば帰宅できるのがおいしい仕事といえます。

スポンサーリンク