ライター
スポンサーリンク

会社員の副業としてライターを始める人は多くなってきました。

その理由としては、誰でも気軽に始められる事と活動資金があまり掛からない事、どこでも仕事ができる事が挙げられます。

実際にカフェや共同スペースなどで仕事をしている人は多いようです。

そんなライターの実態に迫ります。

始め方

ライターを始めるにあたって、パソコンなどの周辺環境を整えることが大事です。

場合によってはスマホでも執筆可能なところはありますが、大抵はパソコンを使用する機会が多いです。

さらにソフトを使用しての執筆もよくあるので仕事を開始する際は内容をよく確認する必要があります。

 

仕事に応募する際は、クラウドソーシングのサイトから仕事を見つける方法がおすすめです。

クラウドソーシングはクラウドワークスやランサーズ、ザグーワークスなどが有名です。

これらのサイトでは初心者を募集していることが多いので、この場所で実際にスキルや経験を磨きながら報酬を得ていきます。

 

執筆に慣れてきたら記事の仲介業者と直接契約をする事もできます。

この場合は経験者が採用される場合が多いので、それまでにスキルや経験を積み、実績を上げておきます。

仕事内容

ライターの仕事は、情報を読者に分かりやすく届ける事です。

いくら専門的で為になる記事を書いていても読者に伝わらなければ意味がありません。

特にスマホやパソコンなどのネット媒体では流し読みされるケースがほとんどです。

内容が難しければすぐに読者はそのページから離れていきます。

分かりやすく、読みやすい文章を書く事が重要です。

またオリジナルの記事を作成する事も必要不可欠になります。

最近では著作権法が厳しくなってきているので、文章のコピー、ペーストは厳禁です。

どれくらい稼げるの

ライターの報酬は大抵は出来高制になります。

1文字いくらと値段が設定されていて、案件文字数により報酬が増減します。

この時の文字単価は企業や案件などで異なっていて、1文字0.1円から3円など幅があります。

1文字1円だとすると1000文字で1000円になります。

 

副業で始めている人は月1万~3万円が相場のようです。

稼いでいる人だと月10万円を超すこともあります。

これらの稼ぎに影響を与えるのは執筆スピードもそうですが、タイピングスピードも重要になります。

執筆して納品する際はパソコンからの場合が多いので、どれだけ早く文字を打ち込めるかがカギになってきます。

タイピングできる文字数が多ければ多いだけ、その分報酬も上がるのです。

まとめ

ライターを始めるならクラウドソーシングからが良いでしょう。

そこで経験を積み、企業や出版社に売り込みをかけていく事をおすすめします。

スポンサーリンク