動画編集
スポンサーリンク

平成から令和に移り変わり、テレビの時代からインターネット動画の時代へとニーズが移り変わろうとしています。

近年の副業ではこの動画を使用した事業が注目されていて、動画編集の仕事もネット上ではちらほらと見られるようになりました。

では、この動画編集の仕事とはどのようなものなのでしょうか?

どれくらい稼げる

動画編集の仕事は、近年話題のyoutubeの動画編集や企業のパーティーや各種イベント、プロモーションなど多岐にわたります。

一概に値段はつけられませんが、youtube動画編集10分の金額は4千円~1万円が相場なようです。

初心者を卒業して経験やテクニックなどの付加価値がつけば、さらに値段は跳ね上がります。

人気のyoutuberと月契約を結べれば、月間報酬30万くらいになるようです。

 

動画編集の仕事は時給制ももちろんありますが、大抵は出来高制になります。

パーティーやイベントでは1本1万円から、企業と個人契約を結べれば1本数十万ほどになります。

ただ、企業との契約はコネクションや信頼関係が重要になり、情報の機密性も大切なので、なかなか個人での契約は難しいようです。

もし仕事をするとなると、事務所を構えるなどの然るべき体制を整える必要があります。

始め方

まずインターネット環境を整える、動画編集ソフトを用意する、最低限のスペックを保有するパソコンを用意する必要があります。

ある程度のスペックがないと、編集中にフリーズしたり、電源がショートする危険性があるからです。

環境を整えたら、次は動画編集の技術を身につけましょう。

こちらはインターネットの情報を駆使しての独学も可能ですが、少し時間がかかるためにスクールやオンラインスクールに通う事をおすすめします。

大体3か月ほどで技術が身につきます。

 

身についたら、次は雇ってくれるクライアントを探します。

自分が好きなyoutuberに仕事がもらえれば良いですが、かなり厳しい模様です。

通常はクラウドソーシングに登録をして仕事を探します。

慣れてくれば実績やプロに通用するスキルが自然と身についてくるので、youtuberなどに営業をかけましょう。

難易度

動画編集の仕事はそれほど難しいものではありません。

技術さえ身についていれば、クラウドソーシングなどでは直ぐに仕事をもらう事も可能です。

ただ報酬アップや高単価の仕事を狙うには、技術以外にもクライアントとのコミュニケーションだったり、クライアントが求めている編集ができるかだったりします。

まとめ

動画編集の仕事は技術さえあれば誰でも始められる副業です。

しかし報酬を稼ぐにはクライアントと良好な関係を築く必要があるでしょう。

スポンサーリンク