ブリーダー
スポンサーリンク

現代ではペットは家族としての風潮が高まってきております。

そんな大切な家族の1員であるペットを交配して繁殖するお仕事であるブリーダーが今密かに注目を集めています。

副業としてお仕事を始めるにあたってどのような事に気を付ける必要があるのでしょうか?

仕事内容

ブリーダーは自らが育てた犬や猫などの動物をペットショップを通して、または直接的に飼い主に引き渡すお仕事です。

飼い主の手に渡るまでに子犬や子猫を健康な状態にしておかなければいけません。

そのために予防接種を受けさせたり、食事面に気をつけたり、清潔な衛生環境を保つなど、健康面に気をつけなければなりません。

さらに飼い主の元での生活に慣れるために、早い内から人慣れさせておく必要があります。

そのために様々な工夫をしておくことが重要です。

始め方

ブリーダーになるためには、一般的には個人としてブリーダーで活躍している人の所でアシスタントをしながら、その知識や経験を積むことから始めます。

この時の求人情報はアルバイト情報誌などでは出回っていないためにインターネットなどの媒体で常時探しておく必要があります。

募集している求人数がかなり少ないためです。

さらに一部企業でも求人を募集しているところもあります。

 

プロのブリーダーの元でアシスタントについたなら、特に交配や繁殖についての知識を身につけておきましょう。

ブリーダーは犬や猫を繁殖させて子どもを出産させる職業です。

そのために独立してからは、自分の手でこれらのことを行わなければいけません。

そのための知識が必要です。

 

知識の他にも懇意のペットショップを見つけたり、取引先を見つけたりと、独立後の販売ルートを確立しておきましょう。

そのための情報収集なども大事です。

そして知識や経験、販売ルートを確立したら、思い切って独立しましょう。

責任ある仕事ですが、やりがいがあるはずです。

おすすめの人

ブリーダーに向いている人は、愛情を持って動物を育てられる人です。

動物は繊細な生き物です。温度管理をきちんと行っていないと体調を崩したり、些細な事でストレスを感じたりします。

日々体調を確認して、体調が悪ければ獣医にかかるなどマメなケアが必要になります。

さらに責任感がある人が向いています。

繁殖期を終えた動物は自らの手で飼育しなければなりません。

最期まで責任を持って面倒を見なければならないのです。

まとめ

ブリーダーになるには知識も必要ですが、何より愛情を持って接する事が重要です。

投げ出さず最後まで責任を持ちましょう。

スポンサーリンク