家事代行
スポンサーリンク

主婦やOLに大人気の家事代行の仕事。

空いた時間や週末にシフトを入れられるので、副業としての人気は高いようです。

始め方

副業での家事代行の仕事は大きく3種類ほどに分類されます。

家事代行派遣業者に登録する、個人で事業を起こす、マッチングサイトで探すなどがあります。この内、メジャーなのが家事代行派遣業者への登録です。

もちろん登録しただけでは仕事は始められません。

面接があり、研修もあるところが多いようです。

これらの工程を経て仕事を開始できます。

そして、この時に登録する会社での業務内容や勤務条件を確認する事をおすすめします。

大抵の職場では、直行直帰が当たり前です。その際に交通費が支給されるのか、エプロンなどの支給品はどうなっているのかの確認が大切です。

 

個人で事業を起こす場合は、エプロンなどの支給品はすべて自分で用意しないといけません。

報酬の中間マージンがなくなる分取り分は多くなりますが、すべての責任は自分自身で取らなければいけません。

マッチングサイトでは、自分と家事代行をして欲しい客の間で料金を設定できるというメリットがあります。

こちらは、ネット上のマッチングサイト内で登録を行います。

仕事内容

家事代行の仕事は、家事代行派遣業者の仕事内容や利用客が求めている条件により異なります。

大抵は家事が不得手な人のためにお家まで出向き、料理や洗濯、ごみ捨て、家の掃除といった家事一式を行います。

この時、料理ではまとめて3~4日分の日持ちするものを大量に作る事があります。

その際は、味付けを工夫して飽きの来ない料理を作るという技量が求められる事があります。

 

また子どもの世話やペットの世話などの仕事内容を求められる事もあります。

最近では出張シェフのような高い技量を必要とする勤務先もあります。

これらは総じて貰えるお給料が高くなる傾向があります。

おすすめの人

この仕事をする上でぴったりの人は、責任感のある人です。

家事代行では他人の家で、なおかつお仕事で業務を行っているので時間内に頼まれた全ての作業をこなさなければなりません。

しかも完璧に近いものを目指さなければならないのです。

責任を持って時間通り仕事をやり遂げられる人が向いています。

まとめ

家事代行は料理や掃除など普段の生活ですでに持ちあわせているスキルで仕事が始められるので、主婦やOLに人気の副業です。

資格を持ち合わせている人はさらなる報酬アップも狙えるので、隙間時間が1~3時間ほどあるという人におすすめの仕事です。

スポンサーリンク