動物福祉検定とは?魅力、独学での勉強方法を紹介!
スポンサーリンク

動物福祉検定とは?

動物福祉検定は、動物への対応として必要な基礎知識や動物の種類によって異なる適正対応の違いなど、動物と接していくうえで必要とされる知識が求められる検定です。

動物福祉検定に合格すると、日本の動物の現状について幅広く知識を保有し実践的な指導のできる動物福祉士であると認定されます。

動物福祉検定は初級と中級に分かれて用意されていて、初級は誰でも受験可能です。

動物福祉検定の魅力

動物福祉検定に合格すると、動物についての歴史や法律、動物福祉に対しての知識を保有していることが証明できます。

動物と関わる職業に従事している人はもちろん仕事の役に立ちますし、動物愛護活動を行っている人や自宅でペットを飼っている人に対してもおすすめな勉強です。

動物福祉検定初級のテキストは、動物福祉に対する知識を全く持っていない人でも勉強することができるほどわかりやすく作られています。

特別な講座を受講しなくてもテキストを用いて独学するだけで動物福祉検定に関する知識を身に付けることができます。

動物福祉検定を独学で勉強する方法

動物福祉検定の勉強は動物愛護センターに受験申し込みをするともらえるテキストを使用して勉強します。

「人と動物の歴史」、「動物の区分と状況」、「動物関連の問題」の3分野に分けられています。

過去問は作成されていないのですが、動物福祉検定のテストは動物愛護センターから与えられたテキストで学べる知識の中から問題が出題されます。

受験前の特別講義が開講されているわけではないので、基本的に受験者は皆独学で試験勉強を行うことになります。

疑問点を講師に質問できないという欠点はありますが、在宅で学べるので忙しい人でも自分のスケジュールに合わせて場所を選ばず勉強できます。

テキストにはさまざまな動物福祉に関する知識が記載されていますが、動物福祉検定初級の試験で出題される問題は、家庭動物・実験動物・畜産動物・展示動物・野生動物の5つに分けられた分野から各20問ずつ、合計100問出題されます。

まとめ

日頃動物と触れ合う機会が少ない人の場合、動物愛護や動物福祉について深く考える機会はあまりないのではないでしょうか。

そのような人でも動物福祉検定の知識を身に付けると、日本の動物愛護の現状について学ぶことで動物愛護に対する意識が高まります。

ペットを飼っている人もそうでない人も、一度動物福祉について学んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク