介護事務管理士とは?仕事内容、独学での勉強方法を紹介!
スポンサーリンク

介護事務管理士とは?

介護事務管理士は、介護サービスの事業所において会計や受付、レセプト業務などの事務作業に必要なスキルを保有していることが証明される資格で、JSMA技能認定振興協会が資格の認定を行っています。

介護事務管理士の試験は年間6回に分けて実施されていて、受験資格が定められていないので誰でも受験できます。

介護請求事務や介護保険制度などの知識に関連した問題がマークシート形式で出題されます。

学科試験を70点以上、実技試験を各問題ごとに50%以上かつ全ての問題を合計で70%以上正解すると合格です。

介護事務管理士の仕事内容

介護事務管理士はヘルパーステーションやデイサービスセンター、老人保健施設などの介護サービス事業所で活躍する仕事です。

介護事務管理士は介護サービスの利用者に対して直接的な介護を行うわけではなく、介護報酬の請求業務やケアプランの作成など事務作業で介護サービスの利用者と関わっていきます。

お金が関わる仕事なので、正確に計算や仕事をこなす能力と知識が求められます。

病院の受付業務に役立つ医療事務の資格が女性にとても人気ですが、介護事務管理士を取得すると介護サービス事業所の事務業務への就職の際に能力のアピール材料として活用できます。

自宅にいても学べる資格なので、在職中で転職を考えている人や出産後の社会復帰を目指している女性の方におすすめです。

介護事務管理士を独学で勉強する方法

介護管理士の試験勉強は通学講座を利用する方法もあれば、通信講座を利用する方法もあります。

独学での勉強法のご紹介なので、自宅で独学できる通信講座についてご紹介します。

介護事務管理士の勉強ができる通信講座はいくつかあり、通信講座を利用した場合試験自体も自宅で受験できます。

勉強だけでなく受験も自宅でできるのは、試験会場から遠く離れた地域に住んでいる人にとってはとても便利で継続しやすい勉強方法です。

通学講座と通信講座、どちらが自分に合った勉強方法なのか考え、継続して学びやすい講座を探してみましょう。

まとめ

介護事務管理士と聞くと仕事のイメージが想像しづらいですが、介護サービス事業所の受付業務と聞くと仕事内容を想像できます。

医療事務の資格と比較するとまだ知名度や認知度が低い資格ですが、介護サービス事業所の事務業務への就職を考えている人にとってはとてもおすすめな資格です。

職種を絞って知識を身に付けられます。

スポンサーリンク