高齢者住まいアドバイザー検定とは?魅力、独学での勉強方法を紹介!
スポンサーリンク

高齢者住まいアドバイザー検定とは?

高齢者住まいアドバイザー検定は、高齢者に対しての資金対策に関する知識や介護職のスキルアップに繋がる資格で、職業技能振興会認定の試験で内閣府に認可されています。

住まいの選び方や介護保険や年金など老後のお金に関する基礎知識など、高齢者の生活に必要とされる知識が試験内容として出題されます。

家族の老後の為の勉強として役立ちますし、介護保険のプロであるケアマネージャーや高齢者に対して住まいの案内を行う不動産業の方のスキルアップにも役立ちます。

 

高齢者住まいアドバイザーの試験問題は6つの分野から35問がマークシート形式で出題され、年2回試験が実施されています。

合格点は問題の総得点の7割が基準とされています。

3年毎に更新が必要とされている資格です。

資格を更新すると改訂版の公式テキストが貰えるので、3年間で変化した法律や制度についても追加で学べます。

高齢者住まいアドバイザーの魅力

日本の高齢化はどんどん進んでいます。

ご自身の家族が高齢者になった時の為に事前に高齢者住まいアドバイザーの知識を身に付けておくことで、老後の資産管理や住まいを選ぶ際に役立ちます。

高齢者住まいアドバイザーの資格は指定された講座やスクールに通う必要がなく、公式テキストを使って自分で時間を選んで勉強できる資格です。

働きながら資格を学ぶのは大変という方でも、1日の隙間時間を活用して勉強できます。

高齢者住まいアドバイザーを独学で勉強する方法

高齢者住まいアドバイザーの資格試験の勉強は、公式テキストを用いて行います。

一般社団法人高齢者住まいアドバイザー協会から出版されている公式テキストが紙書籍と電子書籍の2パターンで販売されているので、自分が利用しやすい媒体を選んで購入できます。

どちらの種類を選んでも金額は変わらないので、自分が勉強しやすい方を選ぶようにしましょう。

電子書籍の場合簡単に持ち運びができるので、外出先でも自由なタイミングで勉強を始められます。

まとめ

法律や制度は年々変化していきます。

高齢者住まいアドバイザーの資格も変化していく日本の社会に適応する為に、3年毎に資格の更新が必要とされています。

更新する義務はありませんが、変化していく法律や制度について日々勉強しておくだけでも、ご自身や家族の生活に役立ちます。

法律や制度を理解して上手に向き合うと、お得な制度を利用して老後の生活を楽に過ごせます。

スポンサーリンク