実践保育力検定とは?魅力、独学での勉強方法を紹介!
スポンサーリンク

実践保育力検定とは?

実践保育力検定を勉強すると、子供の成長と援助に関する基礎知識と実践力が身に付きます。

また、実践保育力検定を取得することで教育現場で働く人のスキルアップや子育て中の人の子供に関する知識の習得に役立ちます。

実践保育力検定はベーシッククラスとエキスパートクラスの2種類に分かれていて、ベーシッククラスでは子供の成長についての基本的知識を5つの分野に分けて学びます。

 

保育者を目指す学生や実際に子育て中の人におすすめな資格です。

エキスパートクラスは保育の現場で働いている人のレベルアップや専門知識に役立つ知識を学べます。

どちらも講座を受講後試験が行われ、合格すると資格を取得できます。

実践保育力検定の魅力

実践保育力検定を学ぶ人は、現役の保育士や幼稚園教諭、子育て中の主婦など子供と関わる機会がある人が多いです。

子供の心の理解や対応、体調管理など、保育に関連した職業の人でなくても、子育てで活かせる基本的な知識を学べます。

一度取得すると更新義務がないので、1回勉強しておくと保育関連の資格として一生役立ちます。

 

ベーシッククラスの試験は年2回2月と9月にも行われるので、保育士資格の試験を受験する人の力試しにもおすすめです。

保育士資格取得試験を受験する前に実践保育力検定を取得しておくと、保育知識の幅が広がる他、子供への対応の基本的知識の復習にもなります。

実践保育力検定を独学で勉強する方法

実践保育力検定ベーシッククラスは受験資格がないので誰でも挑戦できます。

エキスパートクラスはベーシッククラスの合格者もしくは実践保育力検定3級合格者であり、かつ保育関連業務経験者でなければいけません。

ベーシッククラスは筆記試験のみ、 エキスパートクラスでは6つの専用講座を受講後試験に合格する必要があります。

 

実践保育力検定の試験内容は公式テキストから出題されます。

ベーシッククラスの公式テキストでは、子育てや保育に必要な基本的知識が5つの分野に分かれて学べます。

保育に特化した資格なので、これから親になる人や保育に関わる仕事を目指している人にもおすすめな資格です。

まとめ

自分の子供でなくても、地域の子供たちなどと触れ合う機会は誰でもあります。

子供についての基本的知識を身に付けておくだけで、ある時突然役立つ日が来る場合もあります。

実践保育力検定は学んでおいてよかったと思える資格です。

特に子供が好きな人は楽しく勉強できる内容なので、興味を持ったら挑戦してみましょう。

スポンサーリンク