保育技術検定とは?魅力、メリットを紹介!
スポンサーリンク

保育技術検定とは?

保育技術検定は高校生向けの保育分野の知識に関する検定で、4級から1級まであります。

公益財団法人全国高等学校家庭科教育振興会が毎年年2回実施しています。

保育技術検定は保育科のある高等学校でカリキュラムの1つとして実施されています。

4・3級は高校生に必要とされる子育てに関する基本的な内容の問題が出題されます。

2・1級ではより高度で専門的な知識が求められる問題が出題されます。

 

保育技術検定は子供への理解や保育に関する知識や技術の習得を目標として平成5年に実施が開始されました。

保育技術検定では、実技試験が行われます。

音楽・リズム表現技術、造形表現技術、言語表現技術、家庭看護技術の4つの種目があります。

保育技術検定の合格を目指して学ぶことで、保育の現場で役立つ知識が身に付きます。

各種目別に受験を受けることができ、筆記試験は2級以上からでないと実施されません。

3級までは実技試験のみでの受験となります。

保育技術検定の魅力

保育技術検定の実技試験では、保育の現場で役立つ技術について審査されます。

保育士資格の試験でも実技試験が実施されるので、高校生で保育士資格の取得を目指している人は保育技術検定の勉強をしておくことで保育士の夢へ近づけます。

 

音楽・リズム表現技術では個別で歌唱やピアノ演奏の試験、造形表現技術は一斉試験で折り紙や貼り絵などの作品制作。

言語表現技術は個別試験で読み聞かせの審査。

家庭看護技術では個別もしくはグループでだっこやおむつ交換、衣類の着脱などお世話行動の実施試験が行われます。

 

保育技術検定の受験を考えている場合は級ごとに試験課題が異なるので、事前に自分の受験する級の課題レベルを確認しておきましょう。

保育技術検定を取得するメリット

保育技術検定を取得したからといって保育士になれるというわけではありませんが、将来保育士になりたいと思っているのであれば、確実に役立ちます。

保育士資格の勉強内容と保育技術検定の勉強内容はほとんど同じです。

保育技術検定が高校生向けであることに対して保育士資格は保育士として働く為に必要な知識の証明となる資格である為、難易度は上がります。

しかし、保育士資格取得試験を受験する前に保育技術検定に合格しておくと、既に持っている知識が多い分、スムーズに保育の勉強を進められます。

まとめ

高校生になる前から保育士になりたいと思っている人は、保育科のある学校に進学すると保育技術検定を受験できます。

保育の勉強は大学や短大、専門学校でもできます。

それでも高校生のうちから保育士としての技術や知識を磨きたいと思っている人は、保育科のある高等学校に進学してみてはいかがでしょうか。

【参考:保育士の職場と給料】

保育士として活躍できる場所は様々です。

 

また、保育関係の他の資格取得も有用です!

スポンサーリンク