チャイルドコーチングアドバイザーとは?仕事内容、独学での勉強方法を紹介!
スポンサーリンク

チャイルドコーチングアドバイザーとは?

チャイルドコーチングアドバイザーは傾聴、承認、共感、質問など子育てや親子関係に関する基礎知識や能力を備えていることを証明する資格です。

合格者にはJADP認定チャイルドコーチングアドバイザー資格が認定され、カウンセリングや教育に関連した職業の人のスキルアップに役立ちます。

チャイルドコーチングアドバイザーは一般財団法人日本能力開発推進協会が実施している資格制度で、協会認定の教育機関で指定のカリキュラムを全て受講した人が在宅で試験を受験できます。

5つの分野に分けられた学習範囲の中から試験問題が出題され、70%以上の問題に正解すると合格できます。

チャイルドコーチングアドバイザーの魅力

コーチングはさまざまな場面で取り入れられている指導法です。

チャイルドコーチングアドバイザーの勉強では、コーチングの基本知識に加えて子育ての知識や子供の潜在能力を上手く引き出す為の技術を身に付けます。

チャイルドコーチングアドバイザーの資格は教育関係の職業の人はもちろん、家庭での子育てにも活かせる資格です。

子供にいい効果を与えるだけでなく、親の子育てによるストレスの軽減もできます。

 

特に初めての子育てには、どんな親だって苦労するのではないでしょうか。

チャイルドコーチングアドバイザーの勉強をしておくことで、勉強する前より子供についての理解が深まります。

勉強から受験まで在宅で完了できるので、妊娠中に生まれてくる子供の為に勉強することもできる資格です。

チャイルドコーチングアドバイザーを独学で勉強する方法

チャイルドコーチングアドバイザーは通信講座を利用して独学で取得できます。

初めに教材を購入する必要はありますが、教材を購入してしまえばテキストに沿って自宅で勉強できる資格です。

勉強時間や勉強スケジュールを自分で計画できるので、働きながらでも家事をしながらでも、自分の好きなタイミングで学習可能できます。

教育関係の仕事でスキルアップしたいと思っている人や、妊娠中で子育てについて学びたいと思っている人におすすめです。

まとめ

チャイルドコーチングアドバイザーは教育関連の仕事だけでなく、医療や福祉関係など、子供と関わる全ての人に役立つ仕事です。

すでに子育てをしている人や教育関係の仕事の人でも、新たな発見に繋がります。

興味を持ったらチャイルドコーチングアドバイザーの勉強に挑戦してみましょう。

スポンサーリンク