発達障害コミュニケーション指導者認定とは?魅力、勉強方法を紹介!
スポンサーリンク

発達障害コミュニケーション指導者とは?

以前までは発達障害についての公的な認定資格が存在していなかったのですが、発達障害について正しい知識を持ったうえで適切な支援方法を実施することを目的として、一般社団法人日本医療福祉教育コミュニケーション協会によって発達障害コミュニケーション指導者認定の資格試験が実施されるようになりました。

発達障害コミュニケーション指導者認定では発達障害についての基本的な知識を始めとし、相談業務・支援計画の作成・指導など、初級から上級まで3段階に分けて学習範囲が用意されています。

発達障害コミュニケーション指導者認定の資格取得条件は級のレベルによって異なり、初級は日本医療福祉教育コミュニケーション協会が認定している初級研修を5時間以上受講すると誰でも受験できます。

中級から上のレベルの級になると実務経験や実務レポートの提出が必要になり、資格取得条件が厳しくなります。

発達障害についての基本的知識を身に付けたいと考えている人は、まずは初級から挑戦してみましょう。

発達障害コミュニケーション指導者の魅力

発達障害コミュニケーション指導者認定の研修は、1ヶ月に2~3回行われています。

自分の都合のいい時間を選んで学習できるので、仕事をしながらでも学びやすい資格です。

 

日本医療福祉教育コミュニケーション協会認定の講座を開講している教室は全国各地にあるので、自宅から近い地域で学習場所を探せます。

発達障害についての基本知識を身に付けたいと思っている多くの人に学ぶチャンスがあります。

発達障害コミュニケーション指導者の勉強方法

発達障害コミュニケーション指導者認定の研修では、発達障害の特性について、発達障害者への基本的な配慮について、障害特性に対する関わり方について、基本的な法制度について、医療についての5つの部門に分けて学習します。

発達障害コミュニケーション指導者認定の試験は、レポート提出です。研修で全ての講義を受講後レポートの提出が求められ、チェックを受けます。

レポートの再提出を求められることもありますが、提出したレポートが合格したら発達障害コミュニケーション指導者認定の認定証が送付されます。

学習することで資格を取得できるので、発達障害について知識を深めたいと思っている人であれば、誰でも挑戦できる資格です。

まとめ

発達障害への知識は、自分の家族に障害を持った人がいる場合でもそうでない場合でも役立ちます。

理解を深めておくことで、ふとした瞬間に発達障害があり困っている人の力になれる可能性もあります。

知識は宝です。

勉強をしておくだけで、さまざまな可能性が広がります。

スポンサーリンク