チャイルドカウンセラー
スポンサーリンク

チャイルドカウンセラーとは?

チャイルドカウンセラーは一般財団法人日本能力開発発進協会(JADP)が実施している資格試験で、現代社会で子供たちが抱えている問題についての知識やカウンセラーとしての技術を学び、身に付けるというものです。

いじめや学校での人間関係に関する悩みを抱えている子供たちや親にとっての心の支えとなる存在がカウンセラーです。

チャイルドカウンセラーの資格では、通常のカウンセリング技術に加えて、子供たちや子育てで悩みを抱える親へのカウンセリングに関する知識を重点的に学習します。

チャイルドカウンセラーの魅力

チャイルドカウンセラーの資格は保育士や看護師のように取得しただけで1つの職業に就職できる資格ではありませんが、保育や教育・カウンセリング関係の職業の人のスキルアップに役立ちます。

特に学校でのカウンセリングを担当するスクールカウンセラーとして働く人は学んでおくべき資格でしょう。

子供を対象にした習い事の講師がチャイルドカウンセラーの資格を学ぶと、習い事の技術だけでなく子供への理解が深い講師になれます。

 

また、カウンセラーとして子供やその親に信頼してもらいたい場合にも、チャイルドカウンセラーの資格は役立ちます。

チャイルドカウンセリングの分野について専門的な勉強をしたという資格があるだけで、安心感や信頼性が違います。

職業として活かす場がないという人でも、家庭での子育てに活かすことができます。

 

子供たちは学校での悩みを自宅で親に相談してくる場合もあります。

相談された時にきちんと向き合ってあげることはもちろん大切ですが、SOSを自ら発信できない子供もいます。

そのような場合は親の方から気付いてあげなければいけません。子供が悩んでいる様子に気付いてあげることで、より親子の信頼関係も深まります。

チャイルドカウンセラーの勉強方法

チャイルドカウンセラーの資格を取得する為には、一般財団法人日本能力開発発進協会が指定している認定講座を受講し、その後試験に合格しなければいけません。

チャイルドカウンセラーの教材ではさまざまな子供に対しての対応方法を学びます。

言葉を話すことができない子供との筆談カウンセリング技術や子供たちにカウンセリングを継続させるコツなど、カウンセリングの現場で役立つ知識が幅広く学べます。

まとめ

カウンセリングを行う時に主観や偏った知識を用いると誤って子供を傷つけてしまう可能性があります。

チャイルドカウンセリングの専門知識を学ぶことで、より一層子供たちの心に寄り添ったカウンセリングが行えます。

スポンサーリンク