色彩福祉検定とは?仕事内容、勉強方法を紹介!
スポンサーリンク

色彩福祉検定とは?

色彩福祉検定に合格すると、色を活用した心のケアの知識や技術を持っていることが証明されます。

色は人間の心理機能と深い結びつきがあり、色の作用を用いて心を癒したり人の内面をくみ取ったりといった心のケアができる力があります。

高齢者や知的障害を持った子供たちを対象に色を活用した心のケア活動に取り組む施設が増えてきています。

 

色彩福祉検定では、福祉の分野で色彩を活かす為に必要な知識を持っていることを証明できる資格です。

色彩福祉検定は一般社団法人日本色彩環境福祉協会が実施している資格試験で、色彩の影響力を最大限に引き出して活用し、実践的な色彩福祉の提案ができる人材育成を目的とした資格試験です。

色彩福祉検定の仕事内容

色彩福祉検定の資格取得後の働き方は人によって異なりますが、色彩福祉士の多くが福祉の分野で色彩を用いた活動を実施します。

人が色彩から受ける心理的な作用や影響を活かして、福祉施設の環境整備や商品開発、色を活用したカウンセリングなどさまざまな心のケアに関わっていきます。

色彩福祉士の主な仕事は福祉現場での活動となりますが、色彩福祉士は福祉の現場以外でも活躍できる仕事です。

 

色は生活の至る所に存在しています。

色彩理論を理解し上手く活用することで、色彩福祉検定はどんな仕事にも応用できる資格です。

色彩福祉検定の勉強方法

色彩福祉検定の試験は4つのレベルに分けられ、3級・2級・1級・色彩福祉士があります。

3級は誰でも受験できますが、2級は3級合格者もしくは3級との併願者、1級は2級合格者もしくは2級との併願者、色彩福祉士は1級に合格後養成講座を修了すると資格が授与されます。

色彩福祉検定の試験は公式テキストで学べる範囲で問題が出題され、色彩福祉の必要性や心のケアと色彩福祉の関係性、色彩理論などを学びます。

 

色彩福祉検定の公式テキストは全国各地の多くの書店で取り扱いされていて、過去問題の販売も行われています。

過去問題には回答解説がついているので、模範解答を見ながら自分で色彩福祉についての理解を深められます。

まとめ

色彩福祉検定の資格は福祉で役立つのはもちろん、家庭内での活用や他の仕事へ活かすこともできます。

どんな仕事でも、色が持つ心理的作用は役立ちます。

インテリアコーディネートに役立てて店舗の改善に活かしたり、食事の盛り付けに活かしたりできます。

色彩福祉検定をご自身のスキルアップに活用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク