クラウドソーシング
スポンサーリンク

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは、不特定多数の人に業務を発注し委託する新しい雇用形態のことを指しています。

仕事を探している受注者側と労働者を探している発注者側の間を仲介しマッチングを手伝うサービスとしてクラウドソーシングサービスがあります。

業務を外注したい時に労働者を確保しやすいので、クラウドソーシングサービスを利用すると気軽に業務を外注できます。

クラウドソーシングサービスを利用して雇用した場合業務委託での契約になるので、雇われた側は社員や従業員になるわけではありません。

あくまで業務委託を受けたフリーランスとして労働することになります。

クラウドソーシングの仕事内容

クラウドソーシングサービスを利用して受注できる業務にはさまざまな分野があり、自分で仕事内容を選ぶことができます。

大きく分類するとIT系、事務作業系、ライティング系、その他に分けることができます。

IT系の仕事としてはサイトやアプリの開発業務やWebデザインなど、インターネットシステムの構築に関わる仕事が多く募集されています。

企業でエンジニアやデザイナーとして働いた経験がある人が独立して、フリ―ランスとしてクラウドソーシングサービスで仕事を受注するという場合もあります。

 

事務作業系は簡単なデータ入力やメール対応など、無資格で特別な能力がなくても作業できる仕事が多くあります。

一般の企業が社員だけで作業しきれない業務を社外に外注する場合もある為、データの漏洩を防ぐ為に細かく秘密保持契約の締結をお願いされる場合もあります。

 

ライティング系は文章を執筆する業務です。

クライアントとしてはサイト運営者が多く、記事テーマを与えられて記事を作成したり、文章の校正やリライトを依頼される場合もあります。

インタビューや講演会の音声を聞いて文字に起こす文字起こし業務もあります。

 

その他、覆面調査員としての店舗調査の依頼や新商品のアンケートなど、クラウドソーシングサービスではさまざまな仕事が発注されています。

近年YouTubeへの動画投稿が盛んになっている為、動画編集やナレーション業務の依頼も増えています。

クラウドソーシングの魅力

受注者にとって最大のメリットは、さまざまな分野の仕事の中から自分の得意な仕事を受注できるという点です。

仕事内容を見て自分の能力で対応できる仕事かどうか判断してから受注するか否かという判断ができます。

また仕事の時間を自分で組み立てることができる為、プライベートとの両立がしやすい仕事でもあります。

まとめ

クラウドソーシングは子育て中の主婦や正社員の副業、学生のお小遣い稼ぎとしてもおすすめです。

始めてみたいと気になっている人は、1つ何かのクラウドソーシングサービスに登録してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク