『モデル』のアルバイトで副業!メリットや仕事内容とは?
スポンサーリンク

モデルのアルバイトの仕事内容

モデルと聞くと、雑誌やテレビに出ている綺麗な人のことを想像してしまうでしょう。

しかし1口にモデルと言っても、その仕事内容はさまざまです。

全国的に販売されるような雑誌に掲載される写真に載っているモデルになるのは美しいルックスやセンスが必要となりますが、モデルの種類によっては本業の傍ら副業として収入源にできるようなお仕事もあるのです。

 

モデルの仕事を細かく分けると、6種類に分類できます。

雑誌に載るような有名人が活躍しているファッションモデルの仕事はオーディションで選別されることが多く、簡単に挑戦できる仕事ではありません。

次に手や足、口など身体の一部分だけを撮影するパーツモデル、雑誌の読者モデル、美大や芸術家からの依頼がある絵画モデルです。

パーツモデルは化粧品や靴などのような商品の広告で使用されることが多く、顔を写さずにモデルの仕事ができます。

モデルのアルバイトのメリット・デメリット

モデルの仕事内容にもよりますが、1回の撮影で他の仕事の倍以上の収入が稼げてしまう場合もあります。

一般的なお仕事の場合時給換算されることが多いですが、モデルの仕事の場合は1回の撮影で謝礼金額が決められています。

1日中撮影に時間がかかってしまうこともありますが、運が良ければ2~3時間の撮影で1回分の収入を得ることができるので、効率よく稼ぐことができます。

一方モデルの仕事のデメリットを挙げるとしたら、一度スケジュールを決めてしまったら穴をあけることができないという点です。

他の仕事でも急に休めない仕事もありますが、モデルの仕事には撮影に大勢の人が関わっています。

その為モデルの仕事には日々の体調管理が重要となります。

モデルのアルバイトがおすすめの人

小さな頃モデルという仕事に憧れていた、洋服が好きだ、人前に立つことが好きだという人は広告モデルや読者モデル、美容院でのカットモデルに向いているでしょう。

一方パーツモデルの場合はモデルといっても、撮影終了後モデル自身が有名になるということはほとんどありません。

その為モデルの副業をして自分を知ってほしい、モデルになって有名になりたいと思っている人には向いていない仕事です。

ネイリストやパーツモデル業界の人の場合は仕事関係で興味を持ってくれることはあるかもしれません。

顔には自信はないけど手や足はよく褒められるというような人にパーツモデルの仕事はおすすめです。

まとめ

モデルと聞くと華やかなイメージを思い浮かべる人が多いでしょう。

しかし、中には脚光を浴びることなく商品を際立たせたり人の仕事を支える為にモデルのお仕事をしている人もいるのです。

インターネットで調べてみると意外といろんなモデル関係の仕事が募集されているので、興味を持った人は一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク