『スマホ写真販売』で副業!メリットや仕事内容とは?
スポンサーリンク

スマホ写真販売の仕事内容

写真を撮影するのが好きな人におすすめな副業が、スマホ写真販売です。

写真販売サイトに登録することで、自分で撮影した写真を販売することができます。

写真販売サイトの中にはさまざまな種類があり、有料で写真を販売しているサイトもあれば無料でダウンロード可能なフリー素材として写真を提供しているサイトもあります。

 

有料の場合購入したいと思ってもらえるぐらいの撮影技術が必要になりますが、無料でダウンロードできる素材の場合自分が提供した写真がダウンロードされる度に収入が発生します。

写真の種類にもよりますが、広告作成やホームページ制作に使用する為に画像を求めている人が多く、需要を押さえていれば撮影技術がなくても写真で稼ぐことができます。

スマホ写真販売のメリット・デメリット

写真好きやカメラ好きの人にとっては、これほど嬉しい仕事はないのではないでしょうか。

また、スマホ写真販売は、旅行や観光で地元以外の国内や海外を訪れた時にも仕事ができます。

時間に縛られることなくシャッターチャンスが来た時にだけ働くことができます。

高価なカメラを使わなくても、スマホでも画質が綺麗な写真であれば購入してもらえる確率は高まります。

最近のスマホアプリでは加工技術も発達しているので、スマホで撮影した写真がいまいちだった時にハイライトやコントラストなどを少し工夫するだけで、綺麗な写真を作ることができます。

 

ただしデメリットとしては、安定した収入が見込めないという点が挙げられます。

写真がいつ売れるのかは見当がつきませんし、1枚売れただけでは大きな収入にはなりません。

スマホ写真販売はあくまで副業の1つとして捉える必要があります。

スマホ写真販売がおすすめの人

普段から趣味で写真を撮影している人の場合、少しコツを掴むことで写真販売で収入を得ることができます。

スマホ写真販売で稼ぐには少しコツがあり、人が必要とする写真、使いやすい写真を撮影する必要があります。

 

観光地の写真などは記事や広告に使用されることが多いので、ねらい目です。

このようにどんな写真が売れるかというリサーチにも力を入れることができる人や、流行に敏感な人にスマホ写真販売はおすすめです。

まとめ

昔カメラマンに憧れていた、写真で生計を立てたかったけど失敗してしまったという人でも、ぜひもう一度カメラと向き合ってみてはいかがでしょうか。

スマホ写真販売には撮影技術ではなく、売れる写真をリサーチする情報収集能力が必要となります。

写真コンテストで優秀な成績を残した写真が売れるとは限りません。

興味を持った方は、ぜひ一度試してみてください。

スポンサーリンク