『AmazonOEM』で副業!メリットや仕事内容とは?
スポンサーリンク

AmazonOEMの仕事内容

AmazonOEMという単語をご存知でしょうか。

あまり知名度が高い副業ではないので、初めて聞いたという人もいるかもしれません。

OEMとは、他社ブランドの製品を製造することを指しています。

商品の企画やサンプルのチェックなどの作業を委託側の企業が行い、受託側の企業は製造を担当します。

 

Amazonで販売するOEM商品は、他社が生産した商品をあなたのアイデアで改良し、オリジナル商品として販売します。

改良すると聞くと難しくて感じてしまうかもしれませんが、ロゴやタグをつけたり、説明書・保証書をつけたり、セットにして販売したりといった簡単な改良でいいのです。

難易度を上げると工場に外注して色や素材を変えて新しい商品を作成するという方法もありますが、副業で補助的な収入を得たいという場合であれば簡単な改良で十分でしょう。

AmazonOEMで本格的に稼ぎたい人は、稼げる商品や売れ筋の商品についてのリサーチを重要視してみましょう。

AmazonOEMのメリット・デメリット

AmazonOEMは商品が売れるまでは少し大変ですが、1つの商品が売れると時には数万円以上を稼げてしまうなど、利益率が高いビジネスです。

一度軌道に乗ってしまえば、売上も安定します。

AmazonOEMでは、販売する商品選びも大事です、リサーチして売れる商品に出会うことができたら、効率良く商品を販売できるようになります。

 

一方、AmazonOEMのデメリットとして挙げられるのは商品を売り込むまでに多くの労力を必要とする点です。

1つの商品を販売する為に商品ページを作り込む必要がありますし、売れなければ在庫を抱えなければならず損をしてしまう可能性もあります。

また、最初に売れるまでに準備する必要がある為、初めに資金が必要となります。

AmazonOEMがおすすめの人

AmazonOEMには投資資金が必要な為、ある程度お金に余裕がある状態で始めるのがおすすめです。

しかし、お金よりも必要なのが客観的な視点です。

売れる商品を見極めるリサーチ力や情報収集能力、どうすれば商品を購入してもらえるかという客観的な視点がAmazonOEMで稼ぐ為には必要となります。

まとめ

AmazonOEMを始める為には最初に少し軍資金が必要となってしまいますが、興味を持った場合はまずは戦略を立て、売れる商品の調査から始めてみましょう。

同時に資金準備も始め、リスクの低い状態でAmazonOEMを始めてみましょう。

スポンサーリンク