『せどり』で副業!メリットや仕事内容とは?
スポンサーリンク

せどりの仕事内容

せどりという仕事を耳にしたことはあるでしょうか。

せどりとは、商品を安く仕入れて仕入れ値よりも高い金額で売るビジネスです。

仕入れ値と売値の差額分がせどりでの利益となり、いくつかの商品の販売を積み重ねることで、収入として稼いでいく仕組みとなっています。

 

元々は古書業界で使用されていた単語で、本の背表紙を見て仕入れていく様子からせどりと呼ばれるようになりました。

現在では転売と呼ばれることもあります。

「チケット転売」など、よく耳にするのではないでしょうか。

せどりで安く仕入れる方法としては、まとめ買いやセール品の購入、海外での仕入れなどの方法があります。

日本では高く販売されているものが海外では安く手に入ったり、為替の変動によって海外で購入したものを日本で販売すると利益が出る場合があります。

せどりには特別な資格は必要なく、隙間時間でできる作業の積み重ねとなる為、本業の間の副業や主婦、学生の方でもできる仕事です。

せどりのメリット・デメリット

せどりの最大のメリットは、始めやすいという点です。

多少仕入れ方にコツはありますが、特別な勉強は必要なく、収入がほしいと思った段階ですぐに仕事を始められます。

結果が出るかどうかわからないアフィリエイトやユーチューブなど比較すると、挑戦しやすく安定して利益が発生します。

 

一方デメリットとしては、仕入れた商品が売れない場合もあるという点です。

簡単に安く仕入れることができる商品でも、需要がなく買い手が見つからなければ稼げません。

何を販売したら売れるのか、何を仕入れれば簡単に利益が出るのかというリサーチ力は必要となります。

せどりがおすすめの人

売れるものがわかるという面では、市場や流行りの動きに敏感な人はせどりビジネスに向いています。

自分が好きなものを理解してもらえないことが多いという人や、変わった趣味があるという人の場合は売れる商品がわからず苦労するかもしれません。

 

また、仕入れ情報に関しても敏感な必要があるので、情報に対するアンテナを常に張り巡らせている人や、情報収集が好きな人はせどりビジネスに向いています。

まとめ

せどりと聞くとなんだか難しそうに感じますが、転売と聞くと自分でもできそうな感じがするのではないでしょうか。

安く仕入れて利益をつけて売るだけだと考えれば、気軽に挑戦できるはずです。

最近はフリマアプリなどが普及していることもあり、個人で商品の販売をしやすい時代となりました。

興味を持った人は、1度何か1つの商品を販売してみると良いでしょう。

スポンサーリンク