ユーチューバー
スポンサーリンク

ユーチューバーの仕事内容

スマホやタブレットが普及したことに伴ってユーチューブ上に動画をアップロードする人が増え、動画が再生されることで入る収入の額が大幅にあがりました。

ユーチューブの動画制作を収入源としている人が増えたことで、ユーチューバーという職業までできるようになりました。

 

一般的にユーチューバーは顔を出して動画を撮影している人が多いですが、顔出しをしなくてもユーチューブで稼ぐことはできます。

資格の勉強や豆知識系、気になる情報系の動画の制作であれば顔出しなしでも動画を制作できます。

 

実はユーチューブは誰でも簡単に挑戦できる副業なのです。

ユーチューバーのメリット・デメリット

ユーチューブのメリットは、時間の融通が効くという点です。

一般的にどこかの企業に所属していれば、1日の大半は職場で過ごすことになるでしょう。

掛け持ちでアルバイトをする暇なんてなく、副業をできる時間は退社後の数時間か仕事の合間の休憩時間に限られてしまいます。

ユーチューブは機材さえ揃っていれば、場所を選ばずに仕事ができます。

自分で自由にスケジュールを組み立てることができるのは、ユーチューブのメリットと言えるでしょう。

 

しかし時間に融通が効くというメリットがある反面、ユーチューブにはデメリットもあります。

それはすぐには収入を得ることができないという点です。

ユーチューブは再生回数が多ければ多いほど収入が入ってきますが、収入が発生する為には相当の再生数が必要となります。

ユーチューブの収入に関しては明確な決まりはありません。

目安として1回の再生で0.1円とされていますが、動画の内容によって1再生あたりの単価が変動します。

ユーチューバーがおすすめの人

皆さんはユーチューブでどんな動画を視聴しているでしょうか。

自分の好きなユーチューバーの動画を視聴している人が多いかと思うのですが、副業としてユーチューブで稼ぐ場合動画を何かのコンテンツとして売り込む必要があります。

視聴したいと思ってもらえる動画を作らなければいけないのです。

 

とても魅力のある人ならば自分を売り込むのも良いですが、どんな人でも作成できる動画は自分の特技を活かした動画です。

人よりも何かの分野で秀でているのであれば、その分野について学べる動画を作成するとかならず動画にした分野について学んでいる人が視聴者になります。

当たるか中らないかわからない抽象的な好みを当てにするよりも、役に立つコンテンツとして動画を作成することをおすすめします。

そういった意味では、コンテンツとなる能力や知識を持っている人にユーチューブはおすすめです。

まとめ

ユーチューブで稼げるか稼げないかというのは、運が関係しているように感じるかもしれません。

しかし自分を売り込むのではなく、商品を売り込むような動画作りを意識すると、意外と視聴者を確保できる可能性が高まります。

ユーチューブは誰でも自由に動画をアップロードできるので、興味を持った人は試しに1本動画を作ってみましょう。

スポンサーリンク