福祉住環境コーディネーターとは?メリットや勉強方法を紹介!
スポンサーリンク

福祉住環境コーディネーターとは?

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害を持っている方が快適に暮らせる住環境の提案を適切に行うことができる人材を指しています。

住環境の提案には、住宅のバリアフリー化だけでなく、高齢者施設の種類や役割、生活を豊かにする福祉用具についてなど、高齢者および障害を持っている方の暮らしに関わる様々な知識が必要になります。

福祉住環境コーディネーターの試験に合格するメリットは?

福祉住環境コーディネーターの検定試験は、東京商工会議所が開催しています。

合格すると、東京商工会議所認定の福祉住環境コーディネーターとして活動することができます。

介護の現場で働く介護士やケアマネジャーの方はもちろん、住宅メーカーや工務店にお勤めの方にとっても、営業の幅を広げる上で役立つ知識を習得することができます。

 

また、高齢者や障害をお持ちの方が家族にいらっしゃる場合には、安全かつ快適に生活するためのポイントを知ることができます。

住宅メーカーにリフォームの提案をされた際にも、改善点がわかるようになりますよ。

福祉住環境コーディネーターの勉強方法は?

福祉住環境コーディネーターの主な勉強方法は以下の2つです。
・テキスト
・通信講座

ちなみに、東京商工会議所が出版している公式テキストの税抜価格は、以下の通りです。
3級:2,500円
2級:4,500円
1級:5,400円

公式通信講座の受講価格(税込)は以下の通りです。
3級:22,000円
2級:46,200円
1級:68,200円

福祉住環境コーディネーターは独学でも合格できる?

福祉住環境コーディネーターの資格は、公式テキストや市販の過去問題集を用いた独学でも、合格することは不可能ではないでしょう。

とはいえ、合格率は3級が約60%、2級が約30%(いずれも2019年)と決して高くはありません。

1級になると合格率は約12%(2018年)でかなり低くなります。

福祉住環境コーディネーターに独学で合格するためには、テキストの内容をしっかりと理解する必要があります。

独学のみで試験を受ける場合には、無理のない学習計画を立てましょう。

まとめ

福祉住環境コーディネーターの資格を持つ人は、高齢化社会で需要が増えています。

介護の現場や住宅メーカーで働く人にとって営業の武器になるのはもちろんですが、ご家族の暮らしを快適にするための知識を得たいと考えている方にもメリットのある資格です。

介護などの実務経験は必要ないので、公式テキストや市販の過去問題集を用いての独学のみでいきなり試験を受けることもできます。

スポンサーリンク