福祉力検定とは?魅力や将来性、仕事内容を紹介!
スポンサーリンク

福祉力検定とは?

福祉力検定は、福祉に関する様々な知識の習熟度を図る民間の検定試験です。

福祉と一言に言っても、下記のように様々な分野があります。

・高齢者福祉
・障害者福祉
・医療福祉
・司法福祉

福祉力検定に向けて学習することで、この多岐にわたる分野の知識を効率よく習得することができます。

また、受検資格は特になく、福祉に関心のある方ならば、誰でも受検することができます。

福祉力検定の魅力

福祉力検定では、福祉に関する知識だけでなく、「福祉の心」も必要だと位置づけられています。

そのため、出題範囲には、下記の内容も含まれます。

・高齢者理解
・コミュニケーション力

福祉力検定に合格することで、高齢者・障害者のサポートをする場合に必要な心構えを身につけることができます。

また、全国260箇所以上の受検会場が選べるので、自宅の近くにある会場で試験が受けられるというのも魅力の1つです。

コンピューターによる受検となっており、都合の良い日に受検することができます。

福祉力検定の将来性

高齢化社会が進んでいる近年、福祉に関する仕事は需要が高まってきています。

また、出生率が年々低下していることもあり、今後も長期間にわたって高齢化社会は続いていくでしょう。

福祉力検定で身に着けた知識や心は、少し先の時代にとっても必要なものであるといえます。

福祉力検定を生かせる仕事は?

福祉力検定は民間の資格で、だれでも受検が可能です。

以下のような福祉に関する仕事に従事したい学生の方は、就職活動の際に大きな強みとなるでしょう。

・介護職員
・ソーシャルワーカー
・児童福祉士
・理学療法士、作業療法士

福祉と言っても、高齢者施設や病院、市役所など働く場所は多岐に渡ります。

既にお仕事をされている方にとっても、他の分野に関する知識を身に着けることができるというメリットがあります。

 

また、福祉力は上記のような福祉に関連した仕事に従事されている方だけでなく、企業の社会貢献に関わるCSR部門で働く方にとっても必要な力であるといえます。

福祉力検定で身に付く知識や心構えは、幅広い分野の仕事に生かすことができます。

まとめ

福祉力検定は、福祉に関する様々な知識や心構えを習得するための検定です。

全国47都道府県にある会場で、コンピューターによる受検が可能です。

福祉系の仕事に従事している方だけでなく、これから福祉に関する職に就きたいという学生さんや、高齢者のご家族をサポートしたいと考えている主婦の方まで幅広い方々にとって魅力がある検定試験です。

スポンサーリンク