福祉ロボット検定とは?メリットや勉強方法を紹介!
スポンサーリンク

福祉ロボット検定とは

少子高齢化により、介護職の深刻な人材不足が社会問題となっています。

そのような時代背景もあり、近年注目を集めているのが、介護のサポートをしてくれる福祉ロボットです。

福祉ロボット検定は、福祉ロボットに関する様々な知識の習熟度を測る民間の検定試験です。

受検することで、介護など福祉の現場でロボットを適切に活用していくために必要な知識を身に着けることができます。

福祉ロボット検定を受検するメリットは?

福祉ロボット検定は、これからの介護の現場にとって必要不可欠な知識の取得を目指す検定試験です。

介護職を目指す学生の方・既に介護職に従事している方のどちらにとっても必要な知識を身に着けることができます。

 

また、介護施設を運営していて、ロボットの導入を検討されている経営者の方にもメリットがあるでしょう。

さらに、福祉ロボットの活躍現場は介護施設だけにとどまらず、在宅介護に特化した福祉ロボットも存在します。

そのため、家族の介護の負担を軽減したいと考えている方にとっても、メリットのある試験となっています。

福祉ロボット検定の勉強方法

福祉ロボット検定に受検申し込みをすると、テキストと問題集が送付されてきます。

書籍代を支払わず、検定料金のみを支払い受検することも可能ですが、テキストや問題集の取り扱いは実施団体(福祉力検定協会)のみなので、同時購入が推奨されています。

ちなみに、検定受験料を除く料金の内訳は以下の通りです。

テキスト:3,300円
問題集:2,200円
書籍送料:370円
合計金額:5,870円

福祉ロボット検定は、問題数50問、総得点が満点の70%で合格となります。

送付されたテキストや問題集をしっかり学習すれば、独学でも合格可能でしょう。

また、高等学校や専門学校、福祉施設などで団体受検をする場合には、ロボットによる実技を交えた出前講義を申し込むこともできます。

まとめ

介護の現場で注目を集めている福祉ロボットについて、必要な知識を身に着けることができるのが、福祉ロボット検定です。

これからも少子高齢化は続くと想定されます。

そのような社会において、人間の負担を軽減してくれる福祉ロボットの需要はますます高まっていくでしょう。

 

福祉ロボット検定の受検資格は特にありません。

興味のある方ならだれでも受検が可能です。

全国47都道府県、260か所以上の会場でコンピューター受検を受けることができます。

介護の次世代を担っていきたい学生の方や、既に介護職に従事している方、家族の介護負担にお悩みの方におすすめしたい検定です。

スポンサーリンク