ケアクラークとは?メリットや仕事内容、勉強方法を紹介!
スポンサーリンク

ケアクラークとは?

ケアクラークとは、介護事務職に介護事務職の業務に必要な、社会福祉制度に関する知識や技能を評価する試験です。

受検資格は特にないので、学生の方でも受験することができます。

ケアクラークの資格を取得するメリットは?

介護事務職は資格がなくてもできる仕事ではありますが、試験に合格することで必要な知識を効率よく習得することができます。

さらに、ケアクラークの資格を持つことで、就職活動の際のアピールポイントになります。

介護の仕事は少子高齢化に伴って深刻な人材不足を抱えていますが、肉体労働となる介護士などの介護職よりも、デスクワークが中心の介護事務職の人気は高くなっているので、アピールポイントは多い方がよいでしょう。

 

また、すでに介護職員として働いている方にとっても、事務職への転身のきっかけになる資格です。

介護職を続ける場合にも、介護保険などの社会福祉制度について知っておくことは悪いことではありません。

ケアクラーク仕事内容は?

ケアクラーク(介護事務職)の主な仕事は、窓口対応や日常的な事務処理、介護報酬請求業務などです。

施設によっては、介護報酬請求業務は、介護保険制度において自治体が負担する分の介護費用を請求する業務です。

入力ミスや計算ミスがあると施設に費用が入金されないということもあるので、非常に重要な業務となっています。

基本的にデスクワークとなりますが、施設によっては介護職の補助を頼まれることもあるようです。

ケアクラークの試験に合格するための勉強方法は?

ケアクラークの試験は、在宅受験となっており、試験中に資料の持ち込みが可能です。

そのため、必要な知識をすべて覚える必要はありません。

 

とはいえ、学科試験と実技試験の両方で70%以上の得点率が必要となり、制限時間もあるのでしっかりとした事前学習が必要となります。

ケアクラークの試験対策の1つとして、ニチイの介護事務講座などの通信講座を受講して勉強する方法があります。

公式テキストや問題集は出版されていませんので、独学で勉強する場合には介護保険の制度について詳しく記載された本などを使用しましょう。

まとめ

ケアクラークは、介護事務職に必要な知識や技能を試す民間資格です。

合格するためには、介護保険などの社会福祉制度に関する知識や介護報酬請求業務の正確さなどが必要となります。

これから介護事務職を目指す方にとっては、就職活動においてアピールポイントとなる資格の1つです。

また、介護職として勤務している方にとってもキャリアアップのきっかけになる資格といえるでしょう。

スポンサーリンク