ウェルフェアコンシェルジュとは?メリットや将来性、勉強方法を紹介!
スポンサーリンク

ウェルフェアコンシェルジュとは

ウェルフェアコンシェルジュとは、介護の現場で必要となる高いコミュニケーション力と接遇力を備えた人材のことを指しています。

高齢化が進んでいる社会の中で、介護施設の役割も年々大きくなってきています。

利用者やそのご家族が安心して介助を任せられる介護スタッフには、確かな介護技術だけでなく、質の高いサービスが求められているのです。

ウェルフェアコンシェルジュの資格を取得するメリット

ウェルフェアコンシェルジュ初級検定試験(以下:ウェルフェア・コンシェルジュ検定)は、日本で初めて医療事務の技能を認定した資格団体、技能認定振興協会(JSMA)が運営する民間の検定試験です。

約50年の長い実績がある、医療機関からの信頼が高い団体が運営しています。

そのため、検定に合格することで、職場でのキャリアアップにつながるでしょう。

また、介護の現場で働くことを目指す学生にとっても、就職活動の大きな強みとなるはずです。

ウェルフェアコンシェルジュに将来性はあるのか

2017年に内閣府が発表した高齢白書によると、高齢化社会は今後も進み、75歳以上人口は2054年まで増加し続けると推計されています。

総人口の減少も進み、2053年には1億人を切ると予想されています。

そのため、総人口に占める割合(高齢化率)も増加していくでしょう。

そのため、介護職の需要は今後も年々高まっていくと予想されます。

ウェルフェアコンシェルジュ検定によって身に着けた接遇力やコミュニケーション能力が必要とされる時代は、今後も数十年にわたって続くでしょう。

ウェルフェアコンシェルジュ検定に合格するための勉強方法

ウェルフェアコンシェルジュ検定には、問題集や公式テキストがありません。

とはいえ、求められている能力は接遇力やコミュニケーション能力なので、マナー・接遇に関する本で勉強することができます。

どうしても1回で合格したいという場合には、通信講座で勉強する方法もあります。

通信講座は、ソラスト教育サービスで受講することができます。

標準学習期間は1.5ヶ月、受講費は税込16,500円(割引なしの場合)です。

まとめ

ウェルフェアコンシェルジュ検定は、介護の現場で働く人材にとって必要不可欠な以下の2つの力を認定する民間の検定試験です。

1.接遇力
2.コミュニケーションスキル(コミュニケーション能力)

約50年の実績を誇る、技能認定振興協会(JSMA)が運営している検定試験のため、信頼の高さが魅力です。

高齢化社会が進み続ける現代において、将来性がある資格の1つといえるでしょう。

スポンサーリンク