キャリアコンサルタントとは?将来性や勉強方法、やりがいを紹介!
スポンサーリンク

キャリアコンサルタントとは?

キャリアコンサルティングを手掛ける専門家のことを、キャリアコンサルタントといいます。

キャリアコンサルティングとは、働く人の職業の選択や職業に役立つ能力の開発や向上に関する相談に応じて、助言や指導を行うこととされています。

平成28年4月より国家資格(5年更新制)となり、「キャリアコンサルタント」を名乗るためには、キャリアコンサルタント国家資格の受験資格を得た上で学科試験および実技試験の両方に合格し、キャリアコンサルタント名簿への登録を受けることが必要となりした。

キャリアコンサルタントの将来性

2019年5月に経団連会長と日本を代表する企業の1つ、トヨタ自動車の豊田社長が「終身雇用の見直し」に関して相次いで発言をしました。

豊田社長は、1人の社員を新卒入社から定年退職まで雇用し続けるというのは、会社にとっても負担が大きいという旨をはっきりと明言したのです。

このように、終身雇用制度の是非が問われる時代が到来しています。

個人がそれぞれ自分の特性について深く理解し、適性や能力に応じた職業選択を自由に行うことができる社会の実現にむけてキャリアコンサルタントの役割はとても重要です。

働き方に関する社会の変革期ともいえる現代においては、高い将来性がある資格といえるでしょう。

キャリアコンサルタントの試験に合格するための勉強方法

キャリアコンサルタント試験には、学科および実技(論述・ロールプレイ)があります。

受検資格を有する方であれば、論述やロールプレイは実務において試験対策ができる部分もあるでしょう。

学科についても、市販のテキストや問題集を使用することができる他、通信講座を受講したり、専門学校に通ったりすることで対策することができます。

キャリアコンサルタントのやりがい

キャリアコンサルタントは、相談者にとって人生において1.2を争うほど重要な決定の1つである、職業の選択・生活設計などのアドバイスをすることができます。

頼りにされることが多い仕事なので、やりがいがあるでしょう。

まとめ

キャリアコンサルタントは、個人個人の適正に合わせた職業選び・仕事選びをサポートする能力を認定する国家資格です。

合格して名簿への登録をうけることで、「キャリアコンサルタント」を名乗り活動することができます。

終身雇用制度の見直しがささやかれる時代に即した資格であり、将来性もあるので、注目度も高まってきています。

スポンサーリンク