メンタルヘルス・マネジメント検定とは?魅力、勉強方法を紹介!
スポンサーリンク

メンタルヘルス・マネジメント検定とは?

職場生活の中で、ストレスを抱えている社会人は少なくありません。

仕事の進捗で悩んでいる方もいれば、職場の人間関係で疲弊してしまっている方もいるでしょう。

 

実際に、心の不調による離職や休職は増加傾向にあり、大きな社会問題となっています。

メンタルヘルス・マネジメント検定とは、職場で働く一人ひとりがストレスやその原因となる問題に適切に対処するために必要な知識の習得を目的とした検定です。

大阪商工会議所、施行商工会議所が主催しています。

メンタルヘルス・マネジメント検定の魅力

職場でのメンタルヘルス対策には、以下の3段階があります。

・一人ひとりの社員自らが、自身の心の不調に対し適切ケアをする
・上司は部下が心の不調に陥らないように日頃から配慮するとともに、部下の不調に対して安全配慮義務に則した対応を行う
・人事労務管理スタッフや経営幹部は、社内全体のメンタルヘルスケア計画を企画・立案・実施ができる

メンタルヘルス・マネジメント検定は、それぞれの段階に応じた検定試験(Ⅰ~Ⅲ)を実施しています。

そのため、経営幹部や人事部だけでなく、職場一人ひとりにとって必要となる知識を効率よく身に着けることができます。

メンタルヘルス・マネジメント検定の勉強方法は?

メンタルヘルス・マネジメント検定は、公式テキストの内容に対する理解力が問われる試験です。

公式テキストは、大阪商工会議所の売店やその他全国の書店で販売されています。

価格は下記の通りです。

Ⅰ種テキスト:4,200円(税抜)
Ⅱ種テキスト:2,800円(税抜)
Ⅲ種テキスト:1,800円(税抜)

ちなみに、大阪商工会議所で過去問題集は販売されていません。

まとめ

心の不調による離職・退職者は増加傾向にあり、社会問題となっています。

社会人に求められているのは、ストレスを抱えた際に自分の心の不調と向き合い、適切な対処ができるスキルです。

 

メンタルヘルス・マネジメント検定を受検することで、自分自身の心・不調に向き合うために必要な知識を効率よく習得することができます。

仕事中にストレス抱えている場合や、職場内に心の不調を訴えている方がいる場合には、メンタルヘルス・マネジメント検定で培った知識をビジネス現場で生かすことができるでしょう。

立場に応じた知識を身につけるためにも、メンタルヘルス・マネジメント検定の受検を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク