ホスピタリティ検定とは?魅力や将来性、勉強方法を紹介!
スポンサーリンク

ホスピタリティ検定とは?

ビジネスの現場や日常生活でも発揮できる「相手の立場に立ち、心から相手ことを考えて行動する」ために必要なスキルを認定する試験がホスピタリティ検定です。

上記のような行動ができる心構えのことを、「ホスピタリティ・マインド」といいます。

ホスピタリティ検定は、民間検定試験であり、日本ホスピタリティ検定協会が主催しています。

ホスピタリティ検定に受検資格の定めはなく、興味があれば誰でも受けることができます。

また、全国190か所の会場で受検ができるので、住んでいる場所に関係なく受検することができます。

ホスピタリティ検定の魅力

ホスピタリティ検定を受検することで、社会人に必要なビジネスマナーや接遇能力を効率よく身につけることができます。

クレーム対応の基礎やホスピタリティの基本を学ぶことができる3級と部下育成やハラスメント対策といった管理職に必要な知識が問われる2級とがあるので、必要な知識を段階立てて学ぶことができます。

ホスピタリティ検定の将来性

労働人口の減少に伴って、これまで人間が行っていた仕事を人工知能(以下:AI)やロボットが担う時代に突入しています。

そのような時代のなかで人間に求められているのが、AIやロボットにはない「高いサービス精神」に基づく行動です。

ホスピタリティ検定で身につく知識は、これからの時代で活躍する人材となるために必要不可欠なものとなるでしょう。

ホスピタリティ検定の勉強方法

ホスピタリティ検定に合格するための勉強方法には主に以下2つです。

・公式テキスト&問題集で勉強する
・関連通信講座を受講する

公式テキスト&問題集は、定価1,600円(税抜)です。1冊で3級・2級のいずれにも対応しています。

通信講座は経済法令研究会が開講しており、受講費用は以下の通りです。

・基本コース(3級対応):9,570円(税込)
・応用コース(2級対応)13,640円(税込)

いずれのコースもテキスト代は受講費に含まれています。

まとめ

ホスピタリティ検定は、ホスピタリティ・マインドが試される検定試験です。

社会人として必要なマナーやコミュニケーションスキルを身につけることができるので、接客業以外の業務に従事している方にとっても意義のある検定試験であるといえるでしょう。

AIやロボットにはない「高いサービス精神」を持った確かな行動技術で、今後時代にも必要とされ続ける人材を目指したい方は、ホスピタリティ検定を受検してみてはいかがでしょうか。

受検資格はなく、テキストや問題集での独学でも合格可能です。

スポンサーリンク