ケア・コミュニケーション検定とは?メリットや勉強方法を紹介!
スポンサーリンク

ケア・コミュニケーション検定とは?

ケア・コミュニケーション検定とは、医療や介護の現場で求められる高度なコミュニケーション能力を認定する民間の検定試験です。

サーティファイ・コミュニケーション能力認定協会(以下:サーティファイ)が主催・認定しています。

合格者には認定証が発行されるほか、自身の正答状況がわかる結果表が併せて発行されます。

ちなみに、同じくサーティファイが主催するケア・コミュニケーションアセスメント試験は、合否判定や認定証の発行がありません。

ケア・コミュニケーション検定を受検するメリット

医療や介護の現場で求められているのは、確かな技術や知識だけではありません。

利用者やその家族の満足度に大きく関わるのが、医療従事者・介護従事者のコミュニケーション能力です。

そのような状況をふまえ、採用面接においても、コミュニケーション能力を重視する医療機関や介護施設が増えてきています。

 

ケア・コミュニケーション検定に合格することで、高いコミュニケーション能力をアピールすることができます。

もちろん、既に医療や介護の現場で働いている方にとっては、職場でのキャリアップにつながるきっかけとなるでしょう。

ケア・コミュニケーション検定の勉強方法

ケア・コミュニケーション検定を主催するサーティファイでは、検定試験対策に活用できる問題集やテキストを出版しています。

ラインナップおよび価格は以下の通りです。

・ケア・コミュニケーション問題集:1,500円(税別)
・ケア・コミュニケーションテキスト:2,000円(税別)
・ケア・コミュニケーションテキスト活用ガイドブック:1,200円(税別)

上記の問題集・テキストを活用して勉強する方法以外にも、サーティファイの認定を受けた認定教師の指導を受ける方法があります。

サーティファイに問い合わせると、講師や面接官を紹介してもらうことができます。

まとめ

ケア・コミュニケーション検定は、医療や介護の現場で求められる高度なコミュニケーション能力を認定する民間の検定試験です。

合格することで就職活動でのアピールポイントになるほか、キャリアップの契機にもなるでしょう。

公式の問題集とテキストを活用した勉強で合格を目指すことができます。

医療や介護の現場で、利用者やその家族の満足度に直結する高度なコミュニケーション能力を身につけたいという方は、ケア・コミュニケーション検定の受検を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク