公認モチベーション・マネジャーとは?魅力や勉強方法を紹介!
スポンサーリンク

公認モチベーション・マネジャーとは?

東京未来大学、リンクアンドモチベーション社が共同で発案した民間ビジネス資格です。

若手社会人を対象としたBASIC資格と管理者(組織管理者・プロジェクト管理者)を対象としたADVANCED資格の2種類があります。

自身の仕事に対するモチベーションを高めるための知識から、部下のモチベーションをアップさせるために必要な知識まで、モチベーション・マネジメント能力を高めるための知識や理論を効率よく身につけることができます。

公認モチベーション・マネジャーの魅力

資格を取得することで得られる知識や技術は、ビジネスの現場以外でも役立てることができます。

例えば、忙しく時間がない中でも生涯学習を始めたり、ダイエットを成功させたりするためには、高いモチベーションをキープさせる必要があります。

公認モチベーション・マネジャーの資格で得られる知識や技術は、人生をより豊かにする魅力があるといえます。

公認モチベーション・マネジャーの勉強方法

BASIC資格取得までの流れは以下の通りです。

・公認テキスト(実践モチベーション・マネジメント(BASIC)を購入する
・自宅学習
・資格認定試験を受ける
・合格
・資格認定試験は論述形式で、合格率は73%(旧テキストでの合格率)となっています。

ADVANCED資格を得るための方法には、以下の2つの方法があります。

(1)半日(5時間)の講座を受講後、資格認定試験に合格する
(2)4日間の講座を受講後、レポートを提出する(団体専用)

合格率は、(1)の場合は62%、(2)の場合は92%となっています。

まとめ

仕事をする上でモチベーションを高めること、高いモチベーションを維持することはとても重要です。

公認モチベーション・マネジャーは、自身のモチベーションを高めるスキルだけでなく、部下や組織全体のモチベーションをアップさせるために必要な知識や技術の習得を目指した資格です。

認定を受けることでビジネス現場だけでなく、生涯学習やダイエットなど、人生を豊かにするためのモチベーション向上にもつながるスキルを身につけることがができます。

BASIC資格はテキストでの事前学習が必要ですが、合格率が高く、若手社会人を対象といた実践スキルを身につけることができます。

公認モチベーション・マネジャーは中学卒業以上の方であればどなたでも受験の申し込みができます。

仕事や勉強へのモチベーションが上がらず悩んでいる方は、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク