派遣検定とは?勉強方法とメリットや将来性をご紹介!
スポンサーリンク

派遣検定とは?

派遣検定とは、人材ビジネスコンプライアンス推進協議会が2010年から実施している検定です。

派遣社員を受け入れている現場のコンプライアンスに関する知識の習熟度を測ることを目的としています。

 

多くの派遣会社は優良マークを積極的に実施していますが、実際に企業と接する営業担当者は、派遣に関する法的知識などを有していないことが多いのが実情あり、そのために時々トラブルが発生することがあります。

その実情を改善するために、派遣社員を取り巻く派遣元企業や派遣先企業、業務担当者の間での、コンプライアンス能力の底上げをすることで、より働きやすい環境作りを目指しています。

派遣検定の勉強方法

派遣検定は、100点満点中80点を取得すれば合格できるとされており、落とすための試験ではないので、積極的に知識の習得にあたれば、一発合格も夢ではありません。

しかし、合格率が約30%とされており、腰を据えて学ぶ姿勢が必要となっています。

試験の内容は、労働者派遣法や労働基準法、労働安全衛生法などとなっており、独学でも合格できますが、実際に労働者派遣の仕事に携わっている人や、労働者派遣元責任者講習を受講している人向けに問題が作成されているので、業務を行っている人のほうが有利となるでしょう。

 

しかし、派遣会社に就職を考えている学生でも合格できる可能性はあります。

その際は労働者派遣元責任者講習のテキストを中心に学習し、過去問にあたってみたり、かつ、試験直前に行われる研修に参加してみたりすると良いでしょう。

派遣検定のメリットと将来性

派遣検定は導入されてから間もなく、また民間検定であるだけに、まだ知名度が低いのが現状です。

しかし、労働市場での派遣社員の需要はいまだに高く、派遣契約やそれに関する法的知識の重要性は高まっていますから、検定に合格しておくメリットは多分にあります。

特に派遣会社で働いている人や就職したい人は、まだ認知度が低いうちに取得しておくと、周りとの差別化ができるのでおすすめです。

まとめ

派遣元企業や派遣先企業、業務担当者などの派遣社員に関わりがある人は、法的知識を深める意味で、派遣検定を取得するメリットは大きいです。

認知度はまだ低いですが、これから更に派遣に関する需要が高まっていくことを考えれば、将来性がある資格と言えます。

労働者派遣法などの法律に関する基本的な知識を抑えていれば、十分に合格できる試験ですから、興味があればぜひ、チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク