労働時間適正管理者検定とは?やりがいと勉強方法を紹介!
スポンサーリンク

労働時間適正管理者検定とは?

労働時間適正管理者検定とは、労働時間に関する法律や施策などの理解度を測る検定で、一般社団法人人事総務スキルアップ検定協会が主催、LECリーガルマインドが実施機関となっています。

適正な労働時間が守られていないために、労働者が心身ともに疲弊してしまい、うつ病や自殺、過労死などが増え、深刻な社会問題となっています。

そこで労働時間など適切な労働環境の実現が必要であり、労働時間適正管理者検定合格者は、その期待に添える人材として、注目されています。

労働時間適正管理者検定のやりがい

国は労働者が安心して充実した仕事ができるように、労働基準法をはじめ色々な施策を講じています。

しかしそれを実行する労働時間の管理者が、労働時間に関する法律などの知識を持っていないと、働き方改革を実践できません。

労働時間適正管理者検定で労働時間に関する法律や施策を学ぶことで、より積極的に働き方改革を推進することができます。

 

それがひいては、より良い就業環境を実現することに繋がります。

良い就業環境の実現によって、自分だけでなく、社員全員が、安心して働くことができるようになれば、更にやりがいを持って仕事に打ち込めるようになるでしょう。

労働者の働く環境改善は、今後もニーズが高い分野ですから、将来性も見込める検定と言えます。

労働時間適正管理者検定の勉強方法

労働時間適正管理者検定の検定試験は、年2回行われます。

独学で学んで検定試験を受けるのも良いですが、より効率的に学ぼうと思うのであれば、LECリーガルマインドで行われる2回の特別認定講習を受ける方法がおすすめです。

特別認定講習は知識編と実務編が、それぞれ2時間半行われ、こちらの講習を受講したあとの確認テストで合格すれば、労働時間適正管理者検定の称号を勝ち取ることができます。

独学で学ぶよりも、特別認定講習を受けたほうが、より体系的に理論や実務を学ぶことができますし、集中して勉強することができるのでおすすめです。

まとめ

労働時間適正管理者検定は、落とすための試験ではなく、しっかり勉強して知識を得たことが分かれば取得できる試験です。

国は働き方改革を推進していく方向ですから、今後、更に期待される検定試験だと言えます。

労働時間は、自分の就業環境にも繋がる内容ですから、勉強してみる甲斐があるでしょう。

ぜひこの機会に検定試験の勉強をしてみてください。

スポンサーリンク