全心連公認ストレスチェックコンサルタントとは?仕事内容と勉強方法を紹介!
スポンサーリンク

全心連公認ストレスチェックコンサルタントとは?

全心連公認ストレスチェックコンサルタントは、一般社団法人全国心理業連合会が、2015年に労働安全衛生法の一部改正に伴って、創設した新しい資格です。

法律の改正により、従業員が50名以上いる企業において、年1回ストレスチェック制度と面接指導が義務化されました。

 

ストレスチェック制度とは、労働者が日々の業務にあたることによって、精神的なストレスを感じていないかどうかを確認する制度です。

労働者を取り巻く環境は、政府をあげて働き方改革などを推進しているにも関わらず、以前シビアな状態が多いのが実情です。

そのため、いち早く労働者のメンタルの不調を見つけ、労働環境を改善していくことに意義があるとしており、その一連の流れをサポートできる人材の育成のために、全心連公認ストレスチェックコンサルタントの資格が登場しました。

全心連公認ストレスチェックコンサルタントの仕事内容

全心連公認ストレスチェックコンサルタントの仕事内容は、ストレスチェックの実施や従業員への周知徹底など、ストレスチェック制度のサポートをする側面の他に、結果の集計や分析を通じて、よりよい労働環境の実現を推進していくこととなっています。

専門知識が必要な仕事ですが、ストレスチェック制度の実施者は医師や看護師、保健師などですから、医療従事者と企業との橋渡し役をする必要があるため、高いコミュニケーション能力も必要とされています。

労働者のメンタルの不調という非常にデリケートな事柄を扱うために、人事などの各部署と綿密な連携ができるスキルも必要とされています。

全心連公認ストレスチェックコンサルタントの勉強方法

資格を取得するためには、全国心理業連合会が主催する3日間の資格取得講習を受講したあと、検定試験に合格することが必要です。

中小企業診断士や社労士などの資格を持っていたり、人事・労務担当者の場合は、講習期間を短縮することができます。

まとめ

労働者のメンタルヘルスを守るために、労働安全衛生法が改正され、ストレスチェック制度が導入されました。

検定に合格すれば、労働者のメンタルの不調を回避するために、企業における制度のサポートにあたることになります。

このサポート業務にはストレスチェック制度の専門知識の他に、コミュニケーション能力などの能力も必要とされます。

検定に合格するには3日間の講習を受けて、ぜひ資格取得を目指してください。

スポンサーリンク